大森靖子×平賀さち枝、映画『21世紀の女の子』主題歌を担当

ツイート

大森靖子と平賀さち枝が、山戸結希監督が企画・プロデュースを務める映画『21世紀の女の子』の主題歌を歌う。

◆関連画像

映画『21世紀の女の子』は、80 年代後半〜90 年代生まれの新進映画監督15 名が集結し、“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーが揺らいだ瞬間が映っていること”を共通のテーマとして各監督が8分以内の短編で表現するオムニバス作品。各短編の主演には、橋本愛をはじめ、朝倉あき、石橋静河、伊藤沙莉、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、黒川芽以、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、モトーラ世理奈、山田杏奈らが顔を並べている。

大森靖子は平賀さち枝と2人で、書下ろしの新曲「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」を主題歌として歌唱。山戸結希監督が2人に歌詞の共作と共同歌唱を提案したことで、実現した。「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」のサウンドプロデュースと作曲は大森靖子、作詞は大森靖子が書き下ろした歌詞を平賀さち枝が汲み取り答えるかのように完成させたとのこと。「天界で二人の少女が出会い、魂を分け合うイメージの歌を」という山戸からのリクエストの元に、これまでのデュエットソングの定石を打ち破る新しい楽曲が生み出された。

劇場では、イラストレーター・玉川桜のアニメーションムービーと共に「LOW hAPPYENDROLL --少女のままで死ぬ--」がエンドロールで流れる。


映画『21世紀の女の子』

企画・プロデュース:山戸結希
公開:2019 年新春 全国劇場公開予定
製作:21 世紀の女の子製作委員会(ABCライツビジネス、VAP)
製作幹事・配給・宣伝: ABC ライツビジネス
製作・配給協力:映画24 区 和エンタテインメント
21 世紀の女の子 公式ホームページ:http://21st-century-girl.com

この記事をツイート

この記事の関連情報