【連載】Re:plyのマジレス!Re:7 / オリジナル曲「SHINKARON」MV

ツイート

おはようございます!こんにちは!こんばんは!お疲れさまです!
指揮者のいる変幻自在の6人組マルチロックバンドRe:ply(リプライ)です!

第7回目の今回は、オリジナル曲「SHINKARON」MVについてお話ししたいと思います!



【Original Song】SHINKARON / Re:ply(Official Music Video)




【Vo.koyomi】

Vocalのkoyomiです!

今回はアルバム『WEIGH ANCHOR』から超高速ボカロ調ロック“SHINKARON”のMVについて、お話しします!

前作のボカロカバーアルバム『RE:VOCALOID』を経て、Re:ply流のボカロ曲を作ろうってテーマで作ったのが「SHINKARON」です!
楽曲については前回の記事【Re:plyのマジレス!Re:6 / 『WEIGH ANCHOR』全曲紹介】で詳しく書いているので、そちらをご覧ください☆

詩の世界になぞって古代遺跡、エジプトのピラミッド内部で演奏しているような映像世界に仕上がっています!
その中で"生き物として必死な姿"を見せたかったので、全体的に激しいモーションで感情を表現しました!




これはセンター(Vo・Mani・Dr)のアングルのテイクなんですが、モーションの激しさが伝わると思います!
首が取れるんじゃないかってくらいの折りたたみをしました(笑)

1曲通しで撮影、それを全体と各パート合わせて20テイク以上撮っています!
翌日…いや当日の夜から全身絶望的な筋肉痛でした…スノボを3日連続したような、そんな筋肉痛です(笑)

それだけ曲に込めた想い、映像に込めたい想いがあります!!

音源MIXのtkr(studio tkr)さん(http://studiotkr.com)、映像のKOMA PHOTO WORKSこと石橋小真さん(https://twitter.com/komafoto)のおかげで、本当に素敵なMVが出来ました!

僕達が描いた曲の世界が、このMVにぎっしり詰まっています!!

ぜひこのMVで、Re:ply流超高速ボカロ調ロック“SHINKARON”の世界に浸ってもらえたらなと思います!
そしてアルバム『WEIGH ANCHOR』を手に入れて、ライブにも足を運んでもらえたらなと思います!




【Mp.8810】

マニピュレータの8810(はやと)です!

今回のMV「SHINKARON」ですが、
個人的にアルバムの中で一番好きかもです。
ベースとドラムの絡み合い、
キーボードとギターのソロバトル、
サビメロの突き抜け感に疾走感と、
美味しいポイントがほんとにゴロゴロある
楽曲に仕上がっています(゚∀゚)

みんなのテクニックをフルに詰め込んでますね!すげーです!
でもMV撮るときは何十回も演奏するわけで、ふつうにみんな身体やられてました(笑)
僕は演奏もしてないのに足腰プルプルになりました(笑)

横並びでMV撮るっていうの、ずっとやりたかったので今回できて良かった!いつもとは全く違った並びやテイストになってると思うので、その「変化」も楽しんで貰えたらなと思います=(^.^)=

アルバム『WEIGH ANCHOR』是非よろしくお願いします!





【Gt.あべち】

おはこんにちわ!ギターのあべちだよ!

今回は先日リリースしたRe:plyのNew Album「WEIGH ANCHOR」から一曲「SHINKARON」のMV発表だっ!

まず、この曲の個人的な印象は「サブカル感」「疾走感」「テクニカル感」の3つがとても強い曲かなと思います!
息継ぎが出来ないと思うほどのメロディと、世界観のある歌詞から出るサブカル感、とにかくテンポの速さから生まれる疾走感、各楽器がせめぎ合ってるテクニカル感。
ギタリストとしては、ギターソロからのキーボードソロも聴いてほしいポイントですね!
ただこの曲、ライブでは本当に大変!笑
よく人力で演奏してるなと。笑
そして作曲したさっくんまじ鬼。笑

とにかく内容たっぷりの一曲ですね!笑
展開も多くて、聴けば聴くほどハマっていく中毒性もありますね!

MV撮影の時は、メンバーが横一列で演奏するという初フォーメーションでした!
ライブでもいつか横一列で演奏したいなって話してましたね!
そして個人的な話ですが、初めてバンダナ巻いて撮影しました!
ダンスしてそうとの声が多数でした笑

それでは「SHINKARON」のMVをたくさん観て、この世界観にどっぷり浸ってみて下さいね!





【Key.taiga】

キーボードの大我でっす(`・ω・´)

出ました!Re:ply最速ソング!『SHINKARON』のMV!

各パートが暴れまくるこの楽曲、やはり撮影も暴れまくる………とても見応えのあるMVです。

全員が常に弾き倒している曲って中々ないと思うので、そういう意味では最初から最後まで常に見せ場なMVとなっております。

個人のカットだけでもその激しさが伝わると思うんですが、今回は6人集まってそれぞれが横並びで全力投球しているもんだからもう現場は大変です。

僕も何テイクも重ねていくうちにたくさん流血しました( ˙-˙ )

そういうわけで是非ともメンバーそれぞれの熱量を感じてくださると幸いです!

そしてライブで一緒に駆け抜けましょう!

宜しくお願いします。





【ba.sachi】

こんにちは。
ベースのsachiです。

今回は「SHINKARON」のMVについて

曲については前回の「Re:6 WEIGH ANCHOR全曲紹介」のコラムを見てみてね!
この曲はみんなが言ってる通りテンポも早く演奏もかなりテクニカルなことをしてるのでまぁ撮影も大変でした。笑

何テイクもやってるうちにマジみんなヘトヘト。若干の怪我人も出る始末。次の日かなりの筋肉痛。
おかげで打ち上げで食べたお肉が世界で一番美味しかった思い出があります笑

かなりの運動量のMVとなってるのでぜひその辺も注目してみてください笑
そしてライブでも同じ熱量で演奏してるので、
一緒に動いてみんなで筋肉痛になりましょう笑
待ってるね。





【Dr.闥也】
ドラムの闥也ですI◉I◉

Re:ply史上最速楽曲「SHINKARON」!!

またの名を「ボス曲」。。ボカロカバーで培ったセンスを存分に活かしたハイセンスチューン!

エジプトのピラミッドの中で演奏してるようなイメージの映像や、僕ら人間をテーマにした歌詞の世界観など個人的に好きな要素が詰まっており、出来上がった作品を確認したときは相当ニヤニヤしました^^

音楽的な部分はアルバム解説で詳しく書いておりますが、とにかく「速い・激しい・手数多め」の攻めてる休みなしの鬼のような曲!

撮影は本当に大変でしたが、筋肉痛や全身の痛みなど色々と通り越して気持ちいいレベルでした(笑)
人間はここまで出来る、哺乳動物で最強ということを証明した撮影でもありました!!

全員が満身創痍の状態で終了後にハンバーグを食べたんですが、これまでで一番美味しかったかもしれません。。命に沁みました。。


映像のドラムセッティングには毎回自分で決めたテーマやこだわりがあるのですが、今回のテーマは「進化競争で全勝した人間の行き着いた先」です。進化していくうちに得た沢山のものをセッティングに置き換えました。

具体的にこだわったポイントはシンバルのセッティングと枚数。シンバル設置枚数MV史上最多、標準の取り付けかたの真逆の宙吊り状態という特殊セット。

監督のKOMAさんとVo.Koyomiが「なんだこのセッティングは?!どうしても見入ってしまう!!」と驚いていたのが印象的です(笑)

全体としてはメンバー横並びのMVは初なので新鮮かつ斬新な構図にも要注目してほしいですね。

新たな境地を開拓したRe:ply流のキラーチューン、気合い入魂の作品をとくとご堪能ください!

↑KOMA監督と撮影中の闥也




それではまた次の記事で会いましょう!
引き続き「SHINKARON」MVよろしゅう!!

1st Full Album『WEIGH ANCHOR』

2018年10月24日(水)発売
Re:ply RECORDS REPLY-2 / 2,800円(tax out)
1.-reLIFE-
2.決意の旗
3.Remember
4.The Loud Noise
5.Dizzy Dance
6.Fight till the end
7.SHINKARON
8.砂の時計
9.dateline
10.Illusion
11.君のいない街

<Re:ply LIVE TOUR 2018「WEIGH ANCHOR」>

2018年
10月7日(日)東京・SPACE ODD(※ワンマン)
10月20日(土)大分・club SPOT(※ワンマン)
11月4日(日)福島・郡山 CLUB #9(※対バンあり)
11月5日(月)宮城・MACANA(※対バンあり)
11月15日(木)新潟・CLUB RIVERST(※対バンあり)
11月24日(土)島根・松江AZTiC canova(※対バンあり)
12月8日(土)兵庫・尼崎Scope(※ワンマン)
12月29日(土)東京・SPACE ODD(※ワンマン)
and more...

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス