【インタビュー】UEBOの野望「“J-POPの王道を作ろう”というところがあるんです」

twitterツイート
PR

今年5月に1stミニアルバム『UEBO』をリリース。そして7月にはTSUTAYA O-nestでのワンマンライヴを成功させた、新進気鋭のシンガーソングライターUEBO。現在、3ヵ月連続定期ライヴを展開中の彼が、その狙いと音楽シーンへの意気込みを語った。

■今後の方向性を自分なりに凝縮させるための実験の場みたいな部分もある

──<UEBO 3ヵ月連続定期ライブ Vol.3〜混ぜるぜ危険〜>の開催が11月11日に迫っていますが、そもそも今回の3ヵ月連続定期ライブはどういう意図で企画されたものなんでしょうか?

UEBO:プロデューサーにベーシストの根岸孝旨さんをお迎えして5月にリリースした1stミニアルバム『UEBO』は“ポップスを作りたい”という志のもとで作って、7月にワンマンライヴを行なったんですが、そこでひとつかたちが見えたと思ったんです。『UEBO』は6曲収録ながら風呂敷を広げ切ったところもあったので、ここからもっと出口を狭く……ホースの先を絞って水を遠くまで飛ばすようなイメージで、次はギュッとひとつの出口に凝縮するようなアプローチができないかなと思ったんですよね。ポップセンスだったり、R&B的な部分だったり、ブルース、ロック……今後アプローチは統一されていくと思うんですけど、そのひとつの中にギュッと凝縮するようなサウンドを探したくて、自主的に3ヵ月連続定期ライブを始めたんです。

──具体的にはどんな方法をとったのでしょう?

UEBO:1回目はベーシストと僕とのデュオでやって、2回目はドラムとのデュオでやりました。ドラムと言ってもシンセベースを操りながらドラムも叩く中村 皓さんという方と一緒にやらせてもらったんですが、とても面白いサウンドで、ふたりで5人分の音を出すみたいなことをやったりしました。これまで2回やったんですけど、この3ヵ月連続ライブが今後の方向性を自分なりに凝縮させるための、ある種、実験の場みたいな部分もありますね。


取材・文:帆苅智之

『UEBO』

MSE-0012 ¥2,000
※TOWER RECORDS 限定発売

ライブ情報

<UEBO 3ヶ月連続定期ライブ Vol.3〜混ぜるぜ危険〜>
11月11日(日) 東京・7th Floor

<UBB Acoustic Night Vol.2>
11月29日(木) 東京・宇田川カフェ別館
出演:UEBO、MIOSIC、宇田川別館バンド(Acoustic Set)

<Flavor>
12月10 日(月) 東京・代官山LOOP
出演:UEBO、Miyuu and more

<UEBOワンマンライブ〜Moonlight Christmas〜>
12月21日(金) 東京・月見ル君想フ
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報