ヴィニー・ヴィンセント、Four By Fateとキッスの曲をプレイ

twitterツイート


火曜日(10月30日)、<Kiss Kruise>の出港に合わせ、米マイアミのナイト・クラブにて開かれたイベントで、ヴィニー・ヴィンセントが、元スキッド・ロウのロブ・アフューソ(Ds)、フレーリーズ・コメットのトッド・ハワース&ジョン・レーガンらから成るヘヴィ・メタル・バンドFour By Fateのパフォーマンスにゲスト出演し、彼らと共にキッスの曲をプレイした。

◆<Kiss Kruise>関連画像、動画

ヴィンセントは、週末、他のイベントに出席したときと同じように、“Ankh Warrior”風のメイキャップで登場し、「Lick It Up」「I Love It Loud」「Cold Gin」の3曲をパフォーマンスしたという。

ヴィンセントがオーディエンスを前にエレクトリック・ギターをプレイするのは30年以上ぶりだったと言われる。彼は12月に本格的な復帰公演を開催する。





本家キッスは、翌日(31日)、毎年恒例のクルーズ・フェスティバル<Kiss Cruise>をマイアミから出港、スタートした。11月5日まで海上にてロック・パフォーマンスをはじめ、様々なイベントが開かれる。こちらには、キッスとの共演があるかは不明だが、エース・フレーリー、ブルース・キューリックの2人の元メンバーが参加している。昨年の<Kiss Kruise>では、Q&Aセッションにのみ出演予定だったブルース&ボブ・キューリック兄弟が急きょ一緒にパフォーマンスし、ファンを沸かせた。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報