SIRUP、UQiYO、The fin.ら注目アーティストが集結! 夕日を眺めながら音楽を楽しむ<CORONA SUNSETS SESSIONS>開催

twitterツイート

11月17日(土)“音楽”と“サンセット”と同時に堪能できるイベント「CORONA SUNSETS SESSIONS」が開催。SIRUP、UQiYO、The fin.ら注目アーティストがそろい極上の時間を提供する。

気の合う仲間と、夕日を眺めながら、コロナ片手にチルアウトする。そんなエスケープを体験できる同イベント。会場に選ばれたのは、「日本の夕陽百選」にも選出されるなどサンセットの名所として広く知られる「パームガーデン舞洲」だ。

そんな素敵な時間を演出するアーティストは3組。The fin.は神戸出身、3人組ロックバンド。チルウェーヴなどを経由したサウンドスケープは、ネット上で話題を呼び、日本のみならず海外からも問い合わせが殺到。音楽ストリーミングサービスSpotifyの人気プレイリスト「New Music Friday US」、「New Music Friday UK」でセレクトされるなど注目を集めている。

SIRUP(シラップ)はブラックミュージックをベースとしたその変幻自在なボーカルスタイル、五感を刺激するグルーヴィーなサウンド、そして個性的な歌詞の世界観でリスナーを魅了。8/1には2nd EP「SIRUP EP2」をリリースし、iTunes / AppleMusicジャンル別で1位を獲得。東京・大阪で開催されるワンマン・ライブも即日完売するなど話題沸騰中だ。

UQiYO (ウキヨ)は“日常を、心地よい非日常-浮世-にいざなう音楽ユニット”で、2010年より活動を開始。常に新しい試みを行う姿勢と作風は、国内外で活躍するクリエイターの共感を得て、多くの人々から注目を集める。日本だけでなく、イギリス、ドイツ、フィンランドなどでプレイリストにUQiYOの楽曲が選ばれ、世界各地で人気が広がっている。

「CORONA SUNSETS SESSIONS」は当選者限定の招待となり、エントリーは11月7日(水)まで。このイベントではコロナのブランドメッセージ「This Is Living.」の世界観を存分に堪能できるという。人生における本質的な豊かさや歓び、価値観の大切さを示唆する「This Is Living.」の言葉を体感するため、ぜひイベントに参加してみてはいかがだろうか。

<開催概要>

イベント名: CORONA SUNSETS SESSIONS OSAKA
日時: 2018年11月17日(土) 15:00-19:00(終了予定)
会場: グランキャンピングパームガーデン舞洲by WBF
(〒554-0042 大阪市此花区北港緑地2丁目3 番57号)
アクセス: 桜島駅から送迎バス有
入場料: 入場無料(抽選)
応募方法: 2018年10月24日~11月7日23:59の期間中に公式サイトにて応募
※当選者発表は11月7日以降を予定しております。
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報