【速レポ】モンパチフェス<WWW!! 18>、スピッツ「ようやくお会いすることができて嬉しいです」

twitterツイート

ハブ/マングースSTAGEの両端から、後方までたくさんの人で埋まり次なるアクト、スピッツを待ち受ける。スピッツは、<What a Wonderful World!!>への出演は初となり、またいわゆる夏フェスへの出演もひさびさとあって、さらに観客の期待がたっぷりとステージに注がれている。登場のSEが会場に大きく響きわたると、観客も負けじと声をはりあげ、盛大な拍手で4人を迎えた。1曲目は、「バニーガール」。セットリストには、新旧のシングルやヒットチューンばかりが並び、イントロの数音で会場からは大きな歓声が沸き起こって、大合唱となり、あるいはその普遍的な歌にうっとりと聴き入る。観客の放つ熱気や声が多幸感を生み出して、会場を包み込んでいる感覚だ。

◆スピッツ画像

2曲目は、打ち込みのビートに、草野マサムネ(Vo,G)がアコースティックギターをかき鳴らす「運命の人」。爽快な高揚感があるサビと観客のシンガロングのハーモニーで、早くもクライマックスを迎えたようでもある。「モンパチフェスには、以前からお誘いいただいていたんです。ようやくみなさんとお会いすることができて嬉しいです」と言った草野は、ギターを爪弾きながら“あなたに逢いたくて 逢いたくて”とMONGOL800の「あなたに」を歌い出す。“雨にも負けず、飛行機にも負けず(※空港が近いので飛行機が頻繁に会場の上を通っていく)、出会えた奇跡にありがとう”と替え歌を披露し、「人の曲は難しい(笑)。ひと仕事終えた感じです」とお茶目な笑顔で語る。




そしてここからの3曲も、誰もが知る曲が続く。「魔法のコトバ」、そして三輪テツヤ(G)のギターイントロに、華やかな歓声が沸く「空も飛べるはず」。また「沖縄はまだ暑いね。みなさんの熱気がきてるのかな? せっかく暑いので夏らしい曲を聴いてもらいたいと思います」(草野)と、「涙がキラリ☆」をプレイする。今日の出演者のラインナップはどちらかといえば、やんちゃなパンクバンドが多く、観客も土砂降りの中でも構わずガンガンとダイヴしていたようなキッズが多い。そんな威勢のいい子たちの心もグッと掴む、エヴァーグリーンな歌。きっと、どんな世代にも誰の記憶のなかにも流れているのが、スピッツの懐かしくもキラキラと色褪せないメロディなんだろう。





後半は、﨑山龍男(Dr)の大きなカウントから、「8823」へ。三輪、そして田村明浩(B)が、アグレッシヴなプレイで魅せ、特に田村はステージ中を駆け回って、自分のスタンドマイクも倒す勢いだ。そのフルスロットルのまま、ラストにプレイしたのが「1987→」。昨年、結成30周年を記念してリリースした全シングル集『CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection- 30th Anniversary BOX-』に収録された曲で、スピッツの曲のなかでも衝動感のあるパンクでアグレッシヴな1曲。最後は観客に歓声とコブシを上げさせる、爆裂にノイジーなアンサンブルで初登場のステージをド派手に締めくくった。


取材・文◎吉羽さおり
撮影◎(c)WWW18 OFFICIAL

【スピッツ@ハブSTAGE セットリスト】

01. バニーガール
02. 運命の人
03. 魔法のコトバ
04. 空も飛べるはず
05. 涙がキラリ☆
06. 8823
07. 1987→

■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>


2018年11月3日(土・祝) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
2018年11月4日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス