【速レポ】モンパチフェス<WWW!! 18>、BRAHMAN「すべての争いをセッションに」

ツイート

<What a Wonderful World!!18>初日のBeach STAGEトリを務めたのはBRAHMANだ。見渡せばすぐそばに海があり、足元は砂浜が広がる最高のロケーションの中、「SEE OFF」で勢いよくスタートダッシュを決めた。

◆BRAHMAN 画像



続く「賽の河原」ではダイバーも続出し、日の沈んだ暗闇に異様な熱気だけが立ち昇っていく。

「すべての争いをセッションに!」とTOSHI-LOW(Vo)が言うと、HEY-SMITHのホーンセクションである満(Sax)、イイカワケン(Tp)、かなす(Tb)を迎えて「BEYOND THE MOUNTAIN」をプレイ。ストイックな鋼鉄音と華やかなホーンの音色が見事にマッチし、聴き慣れた楽曲がまた新鮮に響いた。




その7人体制から、さらに増員を図る驚きの展開へ。東京スカパラダイスオーケストラから谷中敦(B.Sax)、NARGO(Tp)、北原雅彦(Tb)、GAMO(T.Sax)の4人を加え、総勢11人編成で「怒濤の彼方」を搔き鳴らす。見た目も壮観だが、音像も圧巻。大所帯のホーンを帆に受け、BRAHMANの演奏も馬力が数段アップしているように感じた。

とんでもない爆発力を見せた後は、細美武士(MONOEYES / the HIATUS / ELLEGARDEN)を迎えて、TOSHI-LOWと親密なデュエットで聴かせる「今夜」を披露。息の合った両ヴォーカルの掛け合いとハーモニーが夜空に吸い込まれ、その声色はあまりにも美しかった。




そして「ANSWER FOR…」に入ると、TOSHI-LOWはステージから降りて、観客に支えられる形で仁王立ち。その状態をキープしたまま、メッセージ性の強い「鼎の問」に入ると、歓声はさらに大きくなり、一人ひとりの心に楽曲が深く突き刺さっているようだった。

「業務連絡、業務連絡、シーチキン兄弟、なぜスピッツの裏にしたんだ。観たいわ、俺だって」とTOSHI-LOWはユーモアを交えつつ、そこから急転直下に斬り込んでいく。

「俺はあのヘンな形のヘリコプターが嫌いだ、沖縄に基地なんていらねえ。これは個人で発してること。一人ひとりがそれを考え続け、発信し続ける。それが民主主義ってもの。さあ、沖縄を取り戻せ、自分の考えを取り戻せ!」と続けた後、ORANGE RANGEのYOH(B)が三線を持ち、「満月の夕」をセッション。観る者の心を奪う熱演に歓喜の輪がみるみると広がり、凄まじい盛り上がりを記録した。


ラストは「真善美」で締め括り、鋭いメッセージとお祭り感を両軸にBeach STAGEに集まった人々の魂を根底から揺さぶり続けた。

取材・文◎荒金良介
撮影◎(c)WWW18 OFFICIAL

【BRAHMAN@ハブSTAGE セットリスト】

01. SEE OFF
02. 賽の河原
03. BEYOND THE MOUNTAIN w/HEY-SMITH ホーンズ
04. 怒涛の彼方 w/スカパラ ホーンズ
05. 今夜 w/細美武士(MONOEYES)
06. ANSWER FOR…
07. 鼎の問
08. 満月の夕 w/YOH(ORANGE RANGE)
09. 真善美

■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>


2018年11月3日(土・祝) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
2018年11月4日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場

この記事をツイート

この記事の関連情報