【速レポ】モンパチフェス<WWW!! 18>、EGO-WRAPPIN’「このまま海に溶けてしまいたい」

twitterツイート

美らSUNビーチが夕日で輝く最高の時間帯にBeach STAGEに登場したのは、まさにこのシーンにぴったりのアクト、EGO-WRAPPIN’。歓声のなか森雅樹(G)、末房 央(Dr)、真船勝博(Ba)、ハタヤテツヤ(Pf,Key)、武嶋 聡(Sax)、川崎太一朗(Tp)がステージへ、そして最後に中納良恵(Vo)が沖縄の踊り、カチャーシー風に手を振りながら登場して、「さいっこーのシチュエーション。さいっこーの時間。さいっこーのフェスティバル。みんなで素晴らしい時間を送ろうよ」と声をあげると、祝祭感たっぷりにオーセンティックなスカビートの「SAMBA DE ORFEU(BLACK SUNDAY)」を響かせる。思うままに、その音楽に体を揺らし、手を伸ばし、歓喜の声をあげる観客。タムの高音の響きがさらにハレの気分を引っ張り上げ、中納は曲中に「What a Wonderful World!!」と幾度も盛り込んで興奮の温度をあげていった。のっけから最高潮のBeach STAGE。気づけば、観客でいっぱいになっている。

◆EGO-WRAPPIN’画像

「モンパチありがとう! 今日は最高に、めっちゃ楽しもう」(中納)という声から「love scene」に突入し、ラテンムードたっぷりのサウンドとふくよかな歌声を聴かせる。観客の顔にも夕日が注いで、会場内はどんどんメロウになっていく。まるで、音楽がこのロマンティックな夕日や景色を生み出しているよう。そのままミドルテンポのラヴァーズロック「a love song」で、甘美さを増していくのが最高だ。




「こんなスウィートな時間にお集まりいただき、ありがとうございます」。森が奏でるギターに乗せ、中納が語りかける。「このまま海に溶けてしまいたい、みんなと溶け合ってしまいたい……なんてクサいことを言ってしまいましたが。ここでEGO-WRAPPIN’のスウィートな曲を」と、今日のこの時にうってつけのキラーチューン「サニーサイドメロディー」で、観客をメロメロにした。柔らかなアンサンブルだが、頭上を通過する飛行機の轟音にも負けないタフさがあり、また中納の歌声もパワフルだ。そして力いっぱいに「愛し合えよー!」と叫びをあげると、会場は拍手喝采となった。



「久しぶりの沖縄。めちゃめちゃ楽しみにしてた。このテンションだと、2、3時間やってしまう」と中納。笑顔たっぷりで「でもあとちょっとやから、ハジけてください」と続けて、コブシがガンガンと上がるアッパーな「サイコアナルシス」へ。ちょっとギタートラブルがあったものの、テンションはマックスで観客に激しくステップを踏ませる。会場をアグレッシヴにかき回したところで、間髪入れずに「くちばしにチェリー」というトドメの一撃! 高揚感のあるトランペットのソロにギターソロ、アップビートに、またムーディなジャズにと変幻自在なサウンドに、観客は踊り、会場にいる全員が歓喜に手を上げ、最高の時間を分かち合い、ライブはクライマックスへ。これで終了か?と思いきや、「せっかく沖縄に来たから、もう1曲やります。新曲を」(中納)と、「A Little Dance SKA」を観客にプレゼント。演奏が終わる頃には日が沈み、まさにとっておきの夕方のシーンを独り占め状態にしたEGO-WRAPPIN’のステージとなった。




取材・文◎吉羽さおり
撮影◎(c)WWW18 OFFICIAL

【EGO-WRAPPIN’@Beach STAGE セットリスト】

01. SAMBA DE ORFEU (BLACK SUNDAY)
02. love scene
03. a love song
04. サニーサイドメロディー
05. サイコアナルシス
06. くちばしにチェリー
07. A Little Dance SKA

■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>


2018年11月3日(土・祝) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
2018年11月4日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報