【速レポ】モンパチフェス<WWW!! 18>、UNICORN「ギター・ヴォーカルの具志堅です!」

twitterツイート



すっかり陽も落ち、会場周辺も薄暗さに包まれ、いよいよ<What a Wonderful World!!18>も終盤に差し掛かってきたことを意識させられる。ビッシリと幅広いオーディエンスで埋め尽くされたマングースSTAGE、皆が待ちかねたUNICORNがいよいよ登場だ。

◆UNICORN 画像

MAXの「TORA TORA TORA」というゴキゲンな曲をSEとし、揃いのつなぎでそれぞれの楽器を手にし、こちらはその始まりの瞬間をドキドキして待っていたところ、おもむろに奥田民生(Vo)がギターを置き、マイクを握りしめての「大迷惑」! 大胆で嬉しい幕開けを飾ってくれる。オーディエンスも興奮を抑えきれないのだろう、そこら中から悲鳴にも似た歓声も沸き起り、さらにギュッとステージ前方エリアの密度が高くなる。奥田のヴォーカル力、EBI(Ba)のコーラスの色味も秀抜。さすがとしか言いようがない。



そこから、曲の後半ではABEDON(Key)や手島いさむ(G)のプレイがフィーチャーされ、川西幸一(Dr)の締め方もキレッキレだった「スターな男」を披露。曲自体の高いクオリティはもちろんだが、それぞれのプレイが放つ輝きでもオーディエンスを惹きつけっぱなし。続く「ペケペケ」では、EBIがセンターに立って痛快に歌い上げていき、メンバー5人の特長やフィーリングが混じり合い、多面的になってこそがバンドなのだと思い知らされてしまった。










ここで何となくメンバー紹介の流れになり、奥田が「ギター・ヴォーカルの具志堅です!」と笑いを誘いつつ、「状況が状況ならこの後の試合も気になってたんですけど」と愛する広島東洋カープの日本シリーズ敗退を感じさせる話から「今日はこのライヴに集中するしかありません!」と力強く宣言。

ペースを落とすことなく、ゆったりとした重みでドラマティックに描く「デジタルスープ」、ABEDONがメイン・ヴォーカルとしてオーディエンスを巻き込みながら歌い上げた「WAO!」に「Boys & Girls」と、様々な魅力を堪能できる嬉しい流れ。特に、ABEDON、奥田、EBI、手島の4人が横並びで遊び心を見せながら音を鳴らし、ストレートなニュアンスのようで複雑な色味を持つ「Boys & Girls」は精彩を放っていた。







そして、「ありがとう、沖縄!」と奥田が感謝の気持ちを言葉にし、ラストは「OH! MY RADIO」。趣味嗜好が異なる人たちが集まるフェスという場、いろんな選択肢があっただろうが、現在進行系のバンドとして、今が反映された新曲で締めくくれるのはバンドが充実しているからに他ならないはず。曲が終わり、「また来年!」という奥田の言葉はボケなのか、これまで隔年開催されてる<What a Wonderful World!!>が来年もあるのか、はたまたツアー等で来る予定があるのか、そのあたりは定かでないが、これからの動きもとにかく期待できる内容だった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎(c)WWW18 OFFICIAL

【ユニコーン@マングースSTAGE セットリスト】

01. 大迷惑
02. スターな男
03. ペケペケ
04. デジタルスープ
05. WAO!
06. Boys & Girls
07. OH! MY RADIO

■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>


2018年11月3日(土・祝) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
2018年11月4日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報