【速レポ】モンパチフェス<WWW!! 18>、ハナレグミ「最高! カッコいい!」

twitterツイート

「どうも、マンウィズです(笑)。あはは。(向うのステージと)一緒に楽しんでいってください」

姿を現したハナレグミこと永積崇が、数百メートル離れたハブSTAGEから漏れ聴こえてくるMAN WITH A MISSIONのサウンドに対してユーモアを交えてコメントすると、このステージを目当てに集まった多くの観客から、笑い声と拍手、そして歓声が沸き起こった。そして、その笑顔のまま始められた最初の曲は「ブルーベリーガム」。サポートメンバーの石井マサユキ(G)が奏でるクリーンなギター・サウンドとYOSSY(Key)のオルガンが、すっかり暗くなった夜空に心地よく響く。

◆ハナレグミ画像

そして、ステージと砂浜を涼しい風が通り抜けると、永積は「いいね。涼しくなってきた時間に、こういう感じは」と、メンバーに語りかけるかのように話すと、2曲目は「My California」だ。菅沼雄太(Dr)と伊賀航(B)のリズム隊は実に安定感があり、永積の深くて暖かい、それでいて宙を漂うような柔らかな歌声をしっかりと支えていた。その大人なグルーヴに、Beach STAGEにぎっしりと詰めかけた観客は、ゆっくりと身体を揺らすという、素敵な光景があちらこちらで見受けられた。



続くミッドテンポの「レター」では、“東から手を振るよ”という歌詞の部分で、永積が実際に右手を振り、そして歌詞の一部を変えて“沖縄の海を目指すよ”と歌い、観客を喜ばせたが、それ以上にみんなを熱狂させたのが、バンドの演奏だ。ジャジーなエレピソロから、徐々に熱量が上がっていくようにプレイされたギターソロなど、実力派ミュージシャンたちの“上品な遊び”ともいえるセッション感の強いパフォーマンスで、永積自身が演奏後に、思わず「最高! カッコいい!」と声を上げると、夜のビーチから大きな拍手が送られた。そうした盛り上がりから一転、次にバラード調のイントロが演奏されると、ファンからは大声援が湧き起こった。そう、2002年にハナレグミとして最初にリリースした1stシングル曲「家族の風景」だ。

続いて、永積がアコースティック・ギターからエレキ・ギターに持ち替え、小気味よいファンクなコード・カッティングを刻むと、そこにピアノのシンコペーション・フレーズが重なって「Primal Dancer」が始まる。すると、ハナレグミの直後にマングースSTAGEで出番を迎えるDragon AshのATSUSHIが飛び入りでダンスを披露。沖縄の夜の海をバックに、スペシャルなステージとなった。



「最高だね! (ATSUSHIのように)あれくらい踊ってくれると、本当に気持ちいい。みんなも踊ってくれる? 声も出してくれるかな? じゃあ、明日の天気を願って」

“今も天気は晴れ模様”“沖縄のみんな、よくよく来てくれた”とアドリブで歌詞を変えながら「明日天気になれ」が歌われ、大きな盛り上がりで、Beach STAGEのラストを飾った。……と思いきや、サポートメンバーがステージを後にする中で、永積だけがそのままセンターに残り、「時間も時間なので、最後に弾き語りを」と、「サヨナラCOLOR」を披露。そして、アコースティック・ギターの最後の一音が夜の海に消えていくと、「(マングースSTAGEのDragon Ashが)たぶん、待っててくれたんだね。Kj、ありがとう! みなさん、最後まで楽しんでいってください!」と、このステージを締め括った。


取材・文◎布施雄一郎
撮影◎(c)WWW18 OFFICIAL

【ハナレグミ@Beach STAGE セットリスト】

01. ブルーベリーガム
02. My California
03. レター
04. 家族の風景
05. Primal Dancer
06. 明日天気になれ
07. サヨナラCOLOR

■<MONGOL800 ga FESTIVAL What a Wonderful World!!18>


2018年11月3日(土・祝) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場
2018年11月4日(日) 沖縄県 豊見城市 豊崎 美らSUNビーチ 特設会場

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報