ザ・ローリング・ストーンズ、北米ツアーの開催を暗示?

twitterツイート
週末、アメリカにある2つのスタジアムに、ザ・ローリング・ストーンズのシンボル“ベロ・マーク”の垂れ幕が現れたという。北米ツアーを開催するのではと期待されている。

◆スタジアムの様子

『Ultimate Classic Rock』によると、垂れ幕は、コロラド州デンバーにあるBroncos Stadium at Mile Highおよびフォックスボロ(マサチューセッツ州)のGillette Stadiumに取りつけられ、日曜日(11月4日)Gillette Stadiumで行なわれた試合でチアリーダーたちはパフォーマンスの最後に“ベロ・マーク”Tシャツを露わにしたという。



また、バンドのオフィシャル・サイトでは「君たちに会えて嬉しい…」と、最新ニュースや“ツアーの先行予約販売”などがゲットできるメーリング・リストに登録するよう呼びかけている。「チャンスを逃すな。何があるかわからない!」とのこと。

ザ・ローリング・ストーンズは2017年にヨーロッパ、2018年にUKツアーを開催。北米ツアーは2016年以来となる。前回のUSAツアーを終えた場所がGillette Stadiumだった。

ミック・ジャガーとキース・リチャーズは最近、それぞれ「歌詞を書いてる #newmusic」「新しい音楽に取り掛かっている…」とつぶやいており、2019年は北米ツアーに加え、ニュー・アルバムの発表も期待されている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報