デイヴ・ムステイン、メガデスのニュー・アルバム制作のティーザーを公開

twitterツイート

先週終わり、ドラマーのダーク・ヴェルビューレンとプロデューサーのChris Rakestrawと、メガデスのニュー・アルバムの制作を始めたと報告していたデイヴ・ムステインが、月曜日(11月5日)、早くもそのティーザーを公開した。

◆メガデス画像、動画

ムステインは「チェシャー・キャット(*『不思議の国のアリス』に登場する猫)が笑ってる! ちょっとしたティーザーを楽しんでくれ。@Megadeth @VerbeurenDirk #Album16」とつぶやき、ヴェルビューレンがドラムをプレイしている46秒の動画をTwitterに投稿した。


ムステインは先週金曜日(2日)、「今日、俺らのドラマー@VerbeurenDirkと俺は、Dystopiaの共プロデューサーで@Grammy受賞のパートナーChris Rakestrawと再度共に@Megadethアルバム16をスタートした。No Rest For The Wicked!(あわてるな…これは新しいタイトルじゃない)」とツイートしていた。

ヴェルビューレンは先月終わり、ポッドキャスト『Music Mania』のインタビューで、「(10月27日インドネシアで開催されたフェスティバルを終え)戻ったら、デイヴと始めるとこなんだ。いくつかあるアイディアを詰める。“いい曲になった、レコーディングしよう”って感じたら、みんなですぐにスタジオに入るつもりだ」「計画通り行き、俺らみんなが満足できれば、来年、アルバムが期待できる」と、話していた。

メガデスは2019年、夏にオジー・オズボーンの<No More Tours 2>北米ツアーに参加。また、10月には彼ら初となるクルーズ・フェスティバル<MEGACRUISE>を開催する。ヴェルビューレンによると、来年は(アルバムをリリースすれば)「ツアーもやるだろうし、クルーズ以外にもクールなことがたくさんある」という。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報