映画『ギャングース』主題歌バンドメンバーにキョウスケ、ハマ・オカモト、岡山健二らが参加

twitterツイート


2018年11月23日(金)に全国公開される映画『ギャングース』より、主題歌のために結成されたユニット"The Gangoose"のバンドメンバーが発表された。

映画『ギャングース』は高杉真宙、加藤諒、渡辺大知のトリプル主演による青春エンターテインメント作品。主題歌「CRYBABY」はタケオ役・渡辺大知による作詞・作曲・プロデュース・メインボーカルによる書き下ろし楽曲で、サイケ役・高杉真宙とカズキ役・加藤諒もコーラスで参加することが発表されていた。

楽曲レコーディングでは渡辺大知の盟友から、念願叶っての初顔合わせまで、3人のミュージシャンが1度きりのバンドメンバーとして集結。ギターにはキョウスケ(爆弾ジョニー)、ベースにハマ・オカモト(OKAMOTO’S)、そしてドラムに岡山健二(classicus/ex.andymori)という面々が参加し、このメンバーだからこそのグルーヴ感で映画『ギャングース』の熱をさらに増幅させている。

この3人とサイケ役・高杉真宙とカズキ役・加藤諒がコーラスに参加した"The Gangoose"。映画『ギャングース』主題歌「CRYBABY」は2018年11月15日(木)より配信限定でリリースされる。



twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報