【ライブレポート】ぞんび×Leetspeak monsters、“死者の日”に開いた狂宴

ツイート

2018年2月から、偶数月発行のフリーペーパー『Gab.』(おもに全国のタワーレコードやライヴハウスなどで配布)にて、“今、気になるバンド”を密着レポート形式で紹介していくという新連載企画をスタートさせた、ヴィジュアル系界隈に名を馳せるライターの“輸血子”。

これまでも、この連載では、DaizyStripper、Psycho le Cému、DEZERT、LM.C、甘い暴力、そして、多くのミュージシャンや後輩から憧れの存在として慕われる超絶テクニックを持つ凄腕ベーシストIKUO(BULL ZEICHEN 88/Rayflower)も、特別ゲストとして登場している。

今回、12月から配布予定の『Gab.』Vol.96では、11月2日に高田馬場 CLUB PHASEで行われた<fiveStars presents SPECIAL 2MAN LIVE『死者の日にて、』>に潜入した。

◆fiveStars presents SPECIAL 2MAN LIVE『死者の日にて、』 画像

カトリック教会では、諸聖人の日(諸聖人の祭日・万聖節)の翌日の11月2日を“死者の日”と定めていることから、この日は、“死者”である、ぞんびとLeetspeak monstersが集まり、“死者の日”を盛大に盛り上げようではないかという企みで行われた2マンライヴであった。

先陣を切ったのはLeetspeak monsters。

“さぁ、始めよう。今宵はここCLUB PHASで、不気味で愉快、楽しい宴、試しにおいで食べやしないさ〜”

と、ステージに張られた黒い幕がゆっくりと開かれると、Euskyss(B)、DieWolf(Dr)、Yo'shmeer(G)が奏でるゴースト感漂うサウンドの上に、D13(Vo)が宴の始まりを告げる唄を乗せて行く。ライヴというよりも、壮大なショーの始まりを予感させるその確固たる世界観は、ヴィジュアル系というジャンルを遥かに超越した場所にあるLeetspeak monstersというジャンルの確立に思えた。

楽曲性としては、メロディアスな歌メロを中心に置いた、メリハリの利いた説得力のある力強いミクスチャーサウンドだ。D13のキレのいいラップを織り交ぜた、包容力のある優れた表現力を放つ他に例を見ない歌唱は、間違いなくLeetspeak monstersというバンドのシンボルと言える。また、DieWolfのタイトで抜けのいいドラミングと、ハネ感のあるサウンドの重心をしっかりとした低音で支えながらも、繊細かつ重厚なプレイをエレガントに魅せるEuskyssのベース、さらにミクスチャー特有の中毒性のあるフレーズとハードコアとヴィジュアルシーンのギタリストから影響を受けたYo'shmeerの個性的なギタープレイで構成されるサウンドは、真の音楽好きを唸らせる硬派なものである。

“墓場の街からやって来た”というコンセプチュアルなMCに、見事な塩梅で現実を絡めていくD13のトーク力も素晴しく、とにかく時間の経過を忘れてしまうほど、ライヴの中に自分を投影できる素晴しいバンドであることを、ここで証明しておこう。現在彼らは全国ツアー中であるが、この先、11月25日に控えるTSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴでは、さらに色濃く彼らの世界に誘ってくれることだろう。






撮影 FUKCREC HBK!
この記事をツイート

この記事の関連情報