MONKEY MAJIK、稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」をリメイク

ツイート

MONKEY MAJIKが全国ツアー<MONKEY MAJIK Tour 2018 〜Singles Collection〜>の初日公演を、11月11日に東京・NHKホールにて迎えた。

◆ライブ画像

約1年ぶりとなる今回のツアーは、デビュー曲から最新曲までタイトル通り数々のシングル曲をメインに構成され、アコースティックからロックナンバーまで、ドラマやCM曲としても馴染みのあるMONKEY MAJIKの代表曲を一挙に披露。12月末まで全国13公演が行われる。


NHKホール公演でも3500人の観客を前に、新旧を織り交ぜたロックナンバー8曲を立て続けに披露。ライブの後半でMaynard(Vo&G)は「実は今日、発表があります。12月5日にニューシングルのリリースが決まりました。サンドウィッチマンとのコラボレーションに続く、コラボ第二弾です」とファンに報告。


この日発表されたのは、1992年にリリースされた稲垣潤一の名曲「クリスマスキャロルの頃には」をMONKEY MAJIKがリメイクすること。仙台出身の稲垣潤一本人が歌唱参加し、仙台在住のヒップホップユニット・GAGLEもラップやアレンジで加わり、仙台にゆかりのある3アーティストによってコラボレーション曲「クリスマスキャロルの頃には –NORTH FLOW-」が誕生する。


そしてMaynardが「今日は稲垣さんもGAGLEもいないけれど、僕たちだけで歌います」と言うと、ピアノに乗せてBlaise(Vo&G)が歌い始める。サビのフレーズはそのままに、ヴォーカル二人のハーモニーが新鮮で、MONKEY MAJIKが新たに書き加えたパートも印象的であった。本作は12月5日から配信限定でリリースされる。

前作・サンドウィッチマンとの「ウマーベラス」は80年代を意識したディスコ調のメロディと、サンドウィッチマンのネタを題材にした歌詞があいまって話題沸騰中。“仙台コラボ第二弾”となる今回は前作とは打って変わり、いまの時期にぴったりなミッドバラードに仕上がった。今後のツアー公演でも披露される予定とのことだ。

<MONKEY MAJIK Tour 2018 ~Singles Collection~>

2018年11月11日(日)東京・NHKホール
2018年11月17日(土)福岡・福岡国際会議場 メインホール
2018年11月18日(日)大阪・NHK大阪ホール
2018年11月22日(木)愛媛・松山サロンキティ
2018年11月24日(土)高知・高知X-pt.
2018年11月25日(日)岡山・YEBISU YA PRO
2018年11月27日(火)広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2018年12月02日(日)宮城・仙台サンプラザホール
2018年12月07日(金)愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
2018年12月12日(水)新潟・NIIGATA LOTS
2018年12月14日(金)石川・金沢EIGHT HALL
2018年12月21日(金)兵庫・神戸 Harbor Studio
2018年12月23日(日)京都・KBSホール

◆MONKEY MAJIK オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス