【インタビュー】SUSHIBOYS、笑いと共感を呼ぶラップの秘密

twitterツイート
PR

独自な視点とユーモアに富んだリリックと、ドープなビートからキャッチーなトラックまでを乗りこなす本格的なラップスキルが生み出す世界観で、メキメキと頭角を現しているSUSHIBOYS。彼らにとって飛躍の年となった2018年は、1月発売のシングル「なんでもできる」を発端に、6月にはアルバム『WASABI』をひっさげたリリースツアーを敢行し、渋谷公演はソールドアウトとなる盛況ぶりを見せた。そして半年ぶりに最新EP『350』をリリース。ここでは新作に加えて、2018年を締める初のワンマンツアーへの思い入れについて、ファームハウス、サンテナの2人に聞いた。

■お金をかけずに遊べるものが必要で、それがヒップホップだった

――前作のアルバム『WASABI』が話題になりましたが、新作EP『350』はどんな作品にしようと思っていましたか?

ファームハウス:自分としてはそんなに話題になった気もしていなかったので、前作の『WASABI』以上に、自分たちらしさを出したいと思っていました。僕らはUSヒップホップのトレンドを取り入れてオリジナルなサウンドを作るタイプなわけでもないし、自分たちにとって挑戦していることといったら、トピックやリリックの内容、あとはフロウですよね。

――でも、そこが評価されているわけですよね。「ママチャリ」みたいに、ビートはトラップだけど、歌詞の内容が自転車だったりっていう“ギャップ”の部分というか。

ファームハウス:そうですね。そういう部分は相変わらず取り入れています。

――今言っていましたトピックとかリリックの内容は、どんな風に考え出しているんですか?

サンテナ:普段の生活で見ているものがテーマになることが多いですね。ヒップホップって人によっては曖昧で抽象的なことをテーマにしますが、そうすると僕としては“何を言っているか分かりにくい”って思うことも多くて。だから僕らは、今までずっと世話になった“チャリンコ”のことを、感謝を込めて取り上げてみたりします。今まで自分たちがよく見てきたものってちゃんと分かっているから、そういうものを曲にして楽しんでいる感覚ですね。

ファームハウス:僕はそういうなかにメッセージを入れているつもりで、「ママチャリ」でも、自分のヴァースでは自転車について歌っているわけじゃなくて、今はまだレコーディングの機材も全然そろっていないけど、ヤバいラップするぜっていう内容だったりもします。だからヒップホップっぽいことを言いつつも、“ママチャリ”っていうフィルターを通すことでよりポップになって、いろんな人に聴いてもらえるかなと思ってはいますね。


取材・文:伊藤大輔

ミニアルバム『350』

発売日:2018年11月21日
TRGR-1010 ¥1,500(+税)

【収録曲】
01.Shopping Cart Racer
02.味の素
03.Drivin'
04.8月32日
05.遊戯王
06.USB
07.とりま-Bonus Track-


<SUSHIBOYS ワンマンツアー2018>

2018年12月2日(日)東京 Shibuya WWW X
2018年12月7日(金)愛知 CLUB ROCK'N'ROLL
2018年12月9日(日)北海道 SPIRITUAL LOUNGE
2018年12月12日(水)大阪 心斎橋Pangea
2018年12月14日(金)福岡 graf
2018年12月22日(土)埼玉 川越G-style

チケット代金:前売¥2,800(税込)※ドリンク代別途
◆特設ページ
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報