パフォーマンス後倒れたジョー・ペリー「大丈夫だ」

twitterツイート

週末(11月10日)ビリー・ジョエルの公演でゲスト・パフォーマンスした後、楽屋で倒れ病院に搬送されたジョー・ペリーが、それから3日経った火曜日(13日)、Twitterを通じコメントした。

◆ジョー・ペリー画像

ペリーは「元気にしてる、すべての愛と支援、ありがとう!」とつぶやいた。


ペリーの広報は公演の翌日(11日)、「ジョー・ペリーは息切れを覚え、楽屋で救急医療隊員から酸素吸入や気道を確保するため気管チューブを使う等の治療を受け、その後、病院に搬送されました」との声明を出し、この日予定していた<Rock And Roll Fantasy Camp>への出演がキャンセルされた。今月30日からスタートする北米ソロ・ツアーは現時点、予定通り行われる。

ペリーは2016年夏、ハリウッド・ヴァンパイアーズの公演中、気分が悪くなり、パフォーマンスを切り上げ病院に搬送されたことがあった。このときは脱水症と疲労が原因だったと言われ、心臓に問題があるという噂は否定された。

今回のペリーの「元気にしてる」というツイートに、エアロスミスのバンド・メイト、スティーヴン・タイラーは、ハートと万歳の絵文字と共に「俺のブラザー」と返信している。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報