【ライブレポート】ASKA、時を動かす渾身の歌声「待っててくれてありがとう」

twitterツイート


ASKAが11月5日(月)、東京国際フォーラム ホールAにて<billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE->の初日の幕を開けた。ASKAの本格的なステージ再始動となったビルボードプロデュースによる今回のオーケストラコンサートツアー。初日の公演が終わるやいなや、12月23日、静岡 グランシップ 大ホール・海で行われる追加公演まで全国9都市11公演の残りのチケットはすべてSOLD OUT。そこまで待っていたファンを大いに魅了し尽くしたASKAの初日公演をここではMCを含めてレポートしていく。

◆ASKA 画像

「本当にありがとう。そして、待っててくれてありがとー!」
この日、ファンが心から一番聞きたかった言葉が聞けたのは、コンサートも終盤を迎えたときだった。その瞬間、なんともいえない清々しい笑顔を浮かべたあと、ASKAは深々と腰を折り曲げ、客席に向かって頭を下げた。そのとき、太ももの横にピタッとつけていた手のひらを強く握りしめ、「よし!」、「よし、よし!」とでもいうように、拳を揺らして静かにガッツポーズを作ってみせた。

ASKAがステージに立つのは約5年ぶり。ファンを一人残らず「待っててよかった」と納得させ、幸せにしていった圧巻の再始動コンサートだった。

会場に着くと、とんでもなく巨大なASKAポスターがオーディエンスをお出迎え。この日は、従来のファンに、事件をきっかけに彼を知ったと思われる新しい層が加わり、老若男女問わずあらゆる世代の観客が集まっていたのが印象的だった。ASKAがオーケストラと共演するツアーは今回が3回目。復帰の始まりとしていきなり生のフルオーケストラをバックに、歌1本で勝負を挑むツアーを選ぶのは、誰もができることではない。だが、本公演は、そのオーケストラコンサートというチョイスがものの見事にハマったステージだったといえる。

クラシックのマナーにのっとり、途中に休憩を入れての2部構成でこの日の公演は行われた。1部は、この日演奏をつとめる東京フィルハーモニー交響楽団が指揮者の藤原いくろうのタクトに合わせ、ある曲をオーケストラアレンジで演奏するところから幕開け。あのとき止まってしまった時間が、再び動き出す。そんなオープニングの選曲に、ASKA本人が出てくる前からファンは涙を拭う。

曲が終わると、ステージ下手からスーツ姿のASKAが颯爽と登場。盛大な拍手がフォーラムを包む。右手を客席に向けてささっと振ったあとは、スタスタと足早にステージ中央へ向かう。左手をズボンのポケットに入れ、右手をかけたマイクスタンドを体側に倒す。いつものシルエットが目の前に浮かび上がる。そうして、歌い出したのがCHAGE and ASKAの「熱風」だったため、場内の空気がさらにうごめく。チャゲアスの2ndアルバムと同タイトルを持つこの曲は、彼らが活動25周年を迎えた時期にセルフカバーし、そのツアータイトルにも組み込んだ曲だ。逆境に屈することなく、これからも立ち向かっていくという意思を示したこの曲を、自身の再始動の門出となるステージの1曲目に選んだASKA。その意思がどんどん熱を帯びて炎へと変わっていく様を、ここでは歌と映像を通して、観客に伝えていく。この曲で再始動宣言をしたあと、チャゲアスが活動休止前に出した最後のシングル「Man and Woman」からは、各々のリスナーの“あのとき”から空白になっていた時間を、歌で次々と動かしていく。


曲が途切れ、ステージが明るくなるとマイクを握ってASKAがしゃべりだした。第一声、どんな言葉が聞けるんだろうと、場内には緊張感がはりつめる。そんななか、発せられたのは「おまたせ〜」、からのIKKOの「まぼろし〜」のものまね! 不意打ちのおちゃめ発言に驚く取材陣に向かって、すぐさま「マスメディアの方々、ここだけ取り上げないでよ? よくやるお約束ごとだから(笑)」と注意を投げかける。そして「昨日YouTubeで見つけて、楽屋でやったらウケたんだよね」と話すASKAを見て、さっきまで涙していたファンもニヤニヤ。「今日から、約5年ぶりになるのかな? ステージに立つのは」と観客に語りかけると、場内は拍手喝采に包まれ、ファンから「お帰り!」、「待ってたよ!」という声があがる。それに対して「その通り!」、「そうだよ!」とおどけた声で返答していくASKA。

こんな会話で、観客たちがここに来るまでに抱えていた様々な気持ち、感傷的な思いを吹き飛ばしてみせたASKA。オーディエンスの心をほぐしたあと、聴こえてきたのはショパンの「雨だれ」。いつものプロローグから「はじまりはいつも雨」が始まると、割れんばかりの拍手が沸き起こる。ASKAが持つラグジュアリーで柔らかなタッチの歌声で極上のラブストーリーが展開されると、満場の客席はうっとりしながら歌の世界へと吸い込まれていった。冷たさや悲しさが描かれることが多い雨という題材を、ASKAがぬくもりを感じさせるハートフルな曲として届けていったこの場面は前半のハイライトとなった。

20分の休憩を入れて2部が始まると、1部では少し緊張していたのかな? と思わせるように、ASKAの歌はなにかから解き放たれていくようにどんどんダイナミックさを増し、エンドレスに続いていくんじゃないかと思うような伸びやかな歌声、聴くものを魂を揺るがす渾身の歌声など、ブランクを感じさせない歌でその存在感を存分に発揮。体はどんどん小刻みに揺れだし、後方へと上半身を外らせるポーズも増えていく。この人の歌は、喉ではなく、体全体の筋肉を研ぎ澄まされた感覚で楽器として操り、独特の歌い回し、ためを作りながら歌い上げていくのだ。観客たちがこのようなASKAならではの歌と、曲ごとにじっくり対面するには、今回のようなオーケストラコンサートはぴったりだったといえる。

そうして、2部のMCでASKAは再始動するまでのことにも言及。「これまで曲ばっか作ってました」と創作活動に明け暮れていたことをまず伝え、その間に始めたブログについては「SNS系って続かないなって思ってたの。ブログは面白いわー。書かれてみたらどうですか?笑」と笑顔で観客にすすめる場面もあった。

そこからの2部後半では最新のソロ曲たちに続けて、チャゲアスの代表曲も披露。「billboard classicsでこんなに立ったら怒られるよ!」とASKAが慌てるほど、場内一丸のスタンディングの盛り上がりに、曲が終わったあとも「ありがとう、ありがとう」といって本人は嬉しそうな笑顔を浮かべていた。いまも活動休止中のチャゲアスの今後については「今回のツアーもソロなのかチャゲアスなのかとよく聞かれるけど、いまはいいんです。触らんといて!笑。 アイツもやってますよ。好きなことを」といいながらも「どうせお互いに“やるか!”っていうときがくるんでしょうから(客席からは大拍手&大歓声)。だから、聞かんといて!」と素直な気持ちを伝えた。

そうして、チャゲアスの曲のなかでも「曲が一人歩きしていって、すごく大切な歌になり、たくさんの男性に歌われていった曲を」という曲紹介から、本編ラストにはチャゲアス不動の人気ナンバー「PRIDE」を絶唱。2番、“手を差し伸べる マリアが見えた”で体の前にかざした手を“両手を広げた”で両サイドに大きく広げていった瞬間、この日ASKAがみんなに伝えたかった気持ち、言葉、すべてが場内に溢れ出し、観るものすべての感情のリミッターを決壊させていった。この、壮絶なる音楽の、歌の生命力。日本の音楽史上、唯一無二のこの存在感、これがASKAだ。譲れないプライドを右手でぎゅっと握りしめ、ASKAがその手を最後、客席にそっと差し出したところで、本編はなんともいえない高揚感と涙の余韻をたっぷり残したまま幕を閉じた。

アンコールに呼ばれて再登場したASKAは、800曲以上ある曲のなかから、「今日のコンサートで歌って意味のある曲を選ぶのに、選曲は悩みました」と告白。そして、「あの曲をやったらこれをやんないと」といって「じゃあ『万里の河』!」とファンをその気にさせるボケを入れ、さらに「じゃあクリスタルキングで『大都会』!」とボケ倒したあとに「SAY YES」をプレゼントしたときの破壊力たるや。そうして場内が、この日最大の多幸感に包まれていった後に、冒頭の言葉を伝え、ライブは終幕を迎えた。

本ツアーはこの後も続き、この日の模様はライブDVD、Blu-rayとして発売されることが決定。さらにASKAはこの後、11月21日(水)にリミックスアルバムとして『SCENE-Remix ver.-』『SCENE II-Remix ver.-』の2枚を同時発売する。また、ライブ中に「最高に気に入ってる曲ができてて。これはね、お客さんほんっと聴いたらビックリするよ」とはしゃいで話していた曲を収録した作品を来年早々にリリースすることも本人の口から告げられた。

ASKA、その音楽人生の新章はまだまだ始まったばかり。

取材・文◎東條祥恵

ライブ・イベント情報

<billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE->
11月05日(月) 開演 19:00 東京・東京国際フォーラム ホール A
11月14日(水) 開演 19:00 大阪・フェスティバルホール
11月26日(月) 開演 19:00 仙台・仙台サンプラザホール
12月03日(月) 開演 19:00 東京・東京国際フォーラム ホール A
12月06日(木) 開演 19:00 東京・東京国際フォーラム ホール A
12月08日(土) 開演 17:00 西宮・兵庫県立芸術文化センター 大ホール
12月10日(月) 開演 19:00 京都・ロームシアター京都
12月13日(木) 開演 19:00 札幌・札幌コンサートホールKitara
12月15日(土) 開演 17:00 横浜・神奈川県民ホール 大ホール
12月19日(水) 開演 19:00 福岡・福岡サンパレス

出演: ASKA / 指揮: 藤原いくろう
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団(東京、横浜、仙台)、大阪交響楽団(大阪)、ビルボードクラシックス オーケストラ(西宮)、大阪フィルハーモニー交響楽団(京都)、札幌交響楽団(札幌)、九州交響楽団(福岡)

<ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE -LAST OF LAST IN SHIZUOKA>
【特別プログラム公演】
12月23日(日) 開演 15:00 静岡・グランシップ 大ホール・海

<ASKA CONCERT TOUR 2019 Made in ASKA -40年のありったけ->
2月06日(水)オリンパスホール八王子
2月08日(金)神奈川県民ホール
2月15日(金)ソニックシティホール
2月19日(火)福岡サンパレス ホテル&ホール
2月21日(木)広島文化学園HBGホール
2月22日(金)サンポートホール高松
2月26日(火)名古屋国際会議場センチュリーホール
3月01日(金)静岡市民文化会館
3月12日(火)グランキュープ大阪 メインホール
3月13日(水)神戸国際会館こくさいホール
3月20日(水)新潟県民会館
3月23日(土)宇都宮市文化会館
3月24日(日)仙台サンプラザホール
4月12日(金)東京国際フォーラム ホールA
※追加公演開催予定
※上記内容は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

リリース情報

『We are the Fellows』(UHQCD仕様)
■発売日:2018年10月17日
■品番:YCCR-10033
■形態:ALBUM
■定価:3,519円(本体価格)+税
■Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07GB61YTL
■e-onkyo music:http://www.e-onkyo.com/music/album/yccr10033/
■収録曲数:13曲
【収録内容】
01. けれど空は青 ~close friend~
02. 月が近づけば少しはましだろう
03. はじまりはいつも雨
04. 晴天を誉めるなら夕暮れを待て
05. 君が愛を語れ
06. 伝わりますか
07. 東京
08. 同じ時代を
09. next door
10. Girl
11. HELLO
12. と、いう話さ
13. しゃぼん

『Made in ASKA』(UHQCD仕様)
■タイトル:Made in ASKA
■発売日:2018年10月17日
■品番:YCCR-10034
■形態:ALBUM
■定価:3,519円(本体価格)+税
■Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07G9TBX1J
■e-onkyo music:http://www.e-onkyo.com/music/album/yccr10034/
■収録曲数:15曲
【収録内容】
01. MIDNIGHT 2 CALL
02. Love is alive
03. I’m busy
04. you & me
05. はるかな国から
06. ID
07. ONE
08. Now
09. In My Circle
10. 心に花の咲く方へ
11. UNI-VERSE
12. いろんな人が歌ってきたように
13. FUKUOKA
14. cry(新録・セルフカバー)
15. メリーゴーランド(新曲)

『SCENE -Remix ver.-』(UHQCD仕様)
■発売日:2018年11月21日
■品番:YCCR-10035
■形態:ALBUM
■定価:3,704円(本体価格)+税
■Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07H61KKFV
■収録曲数:11曲
【収録内容】
01. 伝わりますか
02. 蘇州夜曲
03. 予感
04. MY Mr.LONELY HEART
05. 夢はるか
06. SCENE
07. ふたり
08. 今でも
09. 最後の場面
10. MIDNIGHT 2 CALL
≪Bonus track≫
11. 大人じゃなくていい

『SCENE II -Remix ver.-』(UHQCD仕様)
■発売日:2018年11月21日
■品番:YCCR-10036
■形態:ALBUM
■定価:3,704円(本体価格)+税
■Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B07H5VJLYM
■収録曲数:10曲
【収録内容】
01. はじまりはいつも雨
02. けれど空は青 ~close friend~
03. Love is alive
04. DAYS OF DREAM
05. 恋
06. 都会の空
07. 風の住む町
08. PLEASE
09. 君が愛を語れ
10. 止まった時計

●ハイレゾ配信情報
e-onkyo music
http://www.e-onkyo.com/news/2149/
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報