ヴィニー・ヴィンセント、来月予定していた復帰公演を2月に延期

twitterツイート


元キッスのギタリスト、ヴィニー・ヴィンセントが12月に開催予定だった公演を来年2月に延期した。

◆ヴィニー・ヴィンセント画像

ヴィンセントは先月、キッス主催の船上フェスティバル<Kiss Kruise>の出港に合わせ開催されたイベントで、Four By Fateの公演にゲスト出演したが、12月のギグは約30年ぶりにフル・パフォーマンスする復帰公演となるはずだった。

12月7、8日に米メンフィスで予定していた公演は、スケジュールやロジスティックの面で調整が必要となり、2月8、9日に変更された。プロモーターは「ヴィニーはロックンロールする準備ができており、延期にとてもガッカリしている。しかし、我々はさらなるゲストを加えるためにもう少し時間が必要だ。適切なものにしたい」とコメントしている。



ヴィニーはこの2公演で、カーマイン・アピス(Ds)、トニー・フランクリン(B)とパフォーマンスする予定。スペシャル・ゲストはすでに1人、Robert Fleischmanの名が告知されている。

ヴィンセントは先月終わり(10月30日)、“Ankh Warrior”風のメイキャップをほどこし、Four By Fateと「Lick It Up」「I Love It Loud」「Cold Gin」の3曲をプレイした。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報