2CELLOS、万感の武道館デビュー「初めて日本に来た時からの夢でした」

ツイート

2CELLOSが11月19日、自身初となる日本武道館での単独公演を開催した。

◆2CELLOS画像

2011年10月のプロモーション来日を皮切りに、翌2012年、13年、14年、15年、17年と計5回の単独来日公演を行ない、2016年には<FUJI ROCK FESTIVAL>にも出演を果たした彼ら。この日ルカからも「初めて日本に来た時から武道館で演奏するのは僕たちの夢でした」と語られたが、来日するごとに会場規模を大きくしながら完売公演を重ねて7年、まさに満を持しての武道館デビューとなった。

当日のステージは、最新アルバム『レット・ゼア・ビー・チェロ~チェロ魂』の収録曲をはじめ、これまでにリリースされた4枚のアルバムからの楽曲もバランスよく織り交ぜたベスト選曲ともいえる内容に。ドイツ最大のロック・フェス<Rock am Ring>出演や、ニューヨークの殿堂ラジオ・シティ・ホール、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールでのソールドアウト公演などを経て更に磨きのかかったパワフルなライブ・パフォーマンスで全24曲を駆け抜けた。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

1964年9月に完成、10月に東京オリンピックの柔道競技場会場として開館した日本武道館。1966年6月にビートルズ初来日会場として使用されて以降は、国内最大の音楽ホールとしても愛され続けるコンサートの“聖地”。語り継がれる多くの名演・名盤を生み続けるこの場所は、2020年8月の東京五輪の柔道会場利用のため来年6月から1年間の改修工事に入ることが決まっている。2018年11月19日、滑り込む形で“昭和・平成の日本武道館”の歴史に名を刻んだのはステファン・ハウザー&ルカ・スーリッチ=2CELLOS。そしてこの夜、新たなat BUDOKAN伝説が誕生した。


一夜限りの武道館公演は、ほぼ定刻通りにスタート。大歓声に包まれてステファンとルカがステージに登場する。オープニングは『炎のランナー』より「タイトルズ」。映画さながら、たった2本のチェロによる情熱パフォーマンスで走り続けてきたふたりが7年目にして夢舞台へのゴールを果たした瞬間を、ファンと一緒に祝福するかのような感動のオープニングである。「初めて日本に来た時からBUDOKANで演奏するのは僕たちの夢でした。皆さん、どうもありがとうございます」(ルカ)。2階席の後ろまで埋め尽くした満員の観客の拍手喝采が止まない。

1部は、10人のストリングス隊(Tokyo Star Orchestra Virtuoso)をバックに、前作『スコア』を中心としてスクリーンを飾った名曲を次々に披露していく映画音楽名作選。大きなデジタル・スクリーンに映し出される映画のイメージ映像とステージで流麗なメロディを奏でるふたりの姿が溶け込んでいく演出は、まるで映画のワンシーンを観ているかのようだ。情感のこもった1曲ごとの演奏が終わるたびに客席のあちらこちらからため息がこぼれ、贅沢な極上の時間が続いていく。

このまま時間が止まってくれてもいい──そんな会場全体がうっとりとするような均衡を破ったのは、彼らの初期代名詞とも言える「スムーズ・クリミナル」。ロック・セクション(2部)のスタートを告げる号令に、ふたりも目を合わせてニヤリ。「サンダーストラック」の驚愕パフォーマンスでは激しい演奏に早くも弓がブチブチと切れ始める。クールに“激奏”するルカを横目に、縦横無尽にステージで“豪奏”するステファンは、もはやお家芸ともいえる寝そべるフロア演奏をこの日も披露。会場の大喝采に気を良くしたのか、転がる時間がいつもより長いようだ。いつのまにかアリーナ客席は総立ちになっていた。


聞き慣れていたはずのお馴染みのロック・カヴァーもよりスケールが増して身体に伝わってくるのは、ライブ経験値に裏付けされたチェロの演奏方法や、工夫を凝らしたアレンジの向上にほかならない。ステファンとルカが目まぐるしく入れ替わる高音ソロと低音バッキングの応酬はさらに磨きがかかり観客を魅了。独特に音をひずませたふたりのエレクトリック・チェロから放出される熱量は、武道館先達のハードロックやヘヴィメタル・バンドをも凌駕する規格外の反響となって会場を揺るがした。同郷クロアチア出身のドラマー、ドゥーシャン・クランツのパワフルなリズムも気持ちいい。垂れさがったチェロの弓がスクリーンに映し出されると大きな歓声が巻き起こる。2階席も総立ちの様相だ。

最新アルバム『レット・ゼア・ビー・チェロ~チェロ魂』から披露されたアンコール曲「デスパシート」(ルイス・フォンシ feat.ダディー・ヤンキー)と3作目『チェロヴァース』収録の「ウェイク・ミー・アップ」 (アヴィーチー feat.アロー・ブラック)は、比較的新しいヒット曲のメロディとビートをチェロでアプローチすることの楽しさを生で伝えてくれた。

そしてこの日のもうひとつの楽しみは、“武道館公演で2CELLOSに演奏してほしいロックの名曲”のキャンペーンで選ばれた曲の披露である。奏でられたのは「影武者」。2013年、NTTドコモのツートップCM曲としてお茶の間の話題となった日本では特別な1曲だ。髪を振り乱して向かい合うステファン&ルカの“白と黒のツートップ!”の雄姿に、筆者後方席からは「待ってました!」の声。おそらく他国では起こり得ない、日本特有の優越感にも似た瞬間だ。「次は東京ドームで演奏したい!」(ステファン)。この夜の超絶パフォーマンスと観客の一体感を見るかぎり、そのステージも夢ではないかもしれない……。


静と動を兼ね備えた全24曲、1時間45分の全身全霊の演奏。チェロは、胴体を胸に当てて、足に挟んで、抱きかかえこむように弾く独特の奏法。実際に音を出している時に、演奏者の身体に一番振動が伝わる楽器でもある。やはり演奏者の人柄や個性をこれほどまでにストレートに表現する弦楽器は見当たらない。無限の楽器を自由自在に操る唯一無二の2CELLOS。

スケールアップした一夜限りの武道館公演アンコールのラストは、デビュー時から大切にしている「ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー」。観客がスマホのライトを灯す美しい会場で、ふたりは時おり目を閉じながら流麗なメロディをなぞる。ふたりはすでに次の光景を見ているのかもしれない。チェロ2本で実現できる可能性をさらに探求し続けながら……Let there be CELLO.


取材・文◎安川達也
撮影◎yuki kuroyanagi

   ◆   ◆   ◆

なお、各音楽ストリーミングサービスでは期間限定で武道館公演のセットリスト(https://SonyMusicJapan.lnk.to/2CELLOSBudokanSetlist)も公開中となっている。

■2018年11月19日(月)東京・日本武道館公演 セットリスト

*()内は作曲者名またはオリジナル演奏アーティスト名
1. 『炎のランナー』より タイトルズ(ヴァンゲリス)
2. 『ゴッドファーザー』より 愛のテーマ(ニーノ・ロータ)
3. 『レインマン』のテーマ(ハンス・ジマー)
4. 『タイタニック』より マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(ジェームズ・ホーナー)
5. 『グラディエーター』より ナウ・ウィ・アー・フリー(ハンス・ジマー、L・ジェラード、K・バデルト)
6. 『インセプション』より モンバサ(ハンス・ジマー)
7. 『ゲーム・オブ・スローンズ』メドレー(ラミン・ジャワディ)
8. パイレーツ・オブ・カリビアン(ハンス・ジマー)
9. スムーズ・クリミナル(マイケル・ジャクソン)
10. サンダーストラック(AC/DC)
  =ドゥーシャン・クランツ・ドラム・ソロ=
11. セヴン・ネイション・アーミー(ホワイト・ストライプス)
12. ヴードゥー・ピープル(プロディジー)
13. スメルズ・ライク・ティーン・スピリット(ニルヴァーナ)
14. ユー・シュック・ミー・オールナイト・ロング (AC/DC)
15. ハイウェイ・トゥ・ヘル (AC/DC)
16. サティスファクション(ローリング・ストーンズ)
17. バック・イン・ブラック(AC/DC)
18. トゥルーパー (アイアン・メイデン~*ロッシーニ:「ウィリアム・テル」とのマッシュアップ)
19. ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(ガンズ・アンド・ローゼズ)

アンコール
20. ウェイク・ミー・アップ (アヴィーチー feat.アロー・ブラック)
21. デスパシート(ルイス・フォンシ feat.ダディー・ヤンキー)
22. 影武者
23. ハレルヤ(レナード・コーエン)
24. ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー(U2)

〈収録アルバム一覧〉
『2CELLOS』収録・・9,13,19,24
『イントゥイション』収録・・12,15,22
『チェロヴァース』収録・・6.10,16,18,20
『スコア』収録・・1,2,3,4,5,7
『レット・ゼア・ビー・チェロ~チェロ魂』収録・・8,11,21,23
『スコア ライヴ!』(BD/DVD)収録・・14,17

公演オフィシャルサイト: https://udo.jp/concert/2Cellos

◆2CELLOS オフィシャルサイト
◆2CELLOS オフィシャルサイト(海外)
この記事をツイート

この記事の関連情報