平成で最も歌われた楽曲は「ハナミズキ」 DAM平成カラオケランキング発表、歌手別1位は浜崎あゆみ

twitterツイート

「平成最後の年末」に合わせて、第一興商が「DAM平成カラオケランキング」を発表。楽曲別1位は「ハナミズキ」、歌手別1位は浜崎あゆみが獲得した。

「DAM平成カラオケランキング」は、第一興商の通信カラオケDAMがサービスを開始した1994年(平成6年)4月から2018年(平成30年)10月までのデータを集計し、発表したもの。DAMは、全国のカラオケ設置店舗・施設におけるシェアNo.1の業務用通信機器だ。今回の発表では、楽曲別ランキング、歌手別ランキングに加え、年別ランキング1位楽曲や月間1位獲得数ランキングと興味深いデータが揃った。

■楽曲別ランキング TOP50

平成で最も歌われた楽曲は、2004年(平成16年)リリースの一青窈「ハナミズキ」。徳永英明やMay J.など数多くのアーティストにカバーされており、世代や性別を問わず親しまれている楽曲だ。それに続くのが、MONGOL800「小さな恋のうた」、高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」、石川さゆり「天城越え」、スピッツ「チェリー」。TOP50のうち、J-POPは39曲、演歌は11曲がランクインしている。

■歌手別ランキング TOP10

平成で最も歌われた歌手は“平成の歌姫”こと浜崎あゆみ。誰もが知る人気曲が多いだけに納得の結果だ。続く2位はEXILE、3位はMr.Childrenと男性グループがランクイン。また、“昭和の歌姫”こと美空ひばりは8位にランクインしている。

■年別ランキング1位楽曲 1994年~2018年

各年で年間ランキング1位を獲得した楽曲のリストは、平成の音楽シーンを振り返るのにぴったり。坂本冬美の「また君に恋してる」が、2010年(平成22年)に演歌で唯一年別ランキング1位を獲得。2003年(平成15年)と2004年(平成16年)にはSMAP「世界にひとつだけの花」が、2008年(平成20年)と2009年(平成21年)にはGReeeeN「キセキ」が、2011年(平成23年)と2012年(平成24年)にはAKB48「ヘビーローテーション」がそれぞれ2年連続1位を獲得している。最新データとなる2018年(平成30年)の1位は米津玄師「レモン」。

■月間1位獲得数ランキング TOP10

1994年(平成6年)から2018年(平成30年)の間で、月間ランキング1位になった回数の多い上位曲を抽出。1位に輝いたのは、AKB48「ヘビーローテーション」で、月間1位を22回も獲得。GReeeeN「キセキ」の17回、夏川りみ「涙そうそう」の13回、ゴールデンボンバー「女々しくて」の12回がそれに続く。

平成のカラオケシーンを振り返ることで、それぞれが過ごした時代を懐かしく感じるのはもちろん、意外な発見をすることも多いはず。このランキングを見ながら、年末年始にカラオケで歌う楽曲をチョイスするのも楽しそうだ。

■楽曲別ランキング TOP50

■歌手別ランキング TOP10

■年別ランキング1位楽曲 1994年~2018年

■月間1位獲得数ランキング TOP10
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報