【連載】青SHUNコラム第195回『カナダ在住6人組アイドル「Seishun Youth Academy」2nd単独ライブ成功インタビュー』

twitterツイート

Singer&Composer&Producer&Radio MCで活動しております、福岡出身アーティストのSHUNです。
「バ~イキング♪」でお馴染みの、フジテレビ『バイキング』や『奇跡体験!アンビリバボー』テーマ曲等を担当し、AKB48の映画『9つの窓』で全作品の劇中音楽を担当。
NHK「みんなのうた/ダンディーひつじ執事」作詞・作曲/SHUNが担当。
自身もシンガーソングライターとして、現在FM福岡で冠番組も努める。
自身がプロデュースする福岡発アイドルユニット「青SHUN学園」でも勢力的に活動。派生ユニットにはガールズバンド/一撃必殺☆ぬこミミ族、男装ユニット/恒星宇宙、全国混合ユニット/浅草RainboWブリッジ、カナダ校/Seishun Youth Academy、等がある。

今回は自身がプロデュースしています、カナダ在住の6人組アイドルグループ「Seishun Youth Academy」のインタビューをコラムします!


Q 改めて、Seishun Youth Academyとは??
Ally&Sally:Seishun Youth Academyは福岡発ロック系アイドルユニット青SHUN学園のカナダ校です!カナダのバンクーバーを拠点に活動しています。現在メンバーは6人で、全員合わせて6ヶ国語を話せる、個性豊かなグループです。全世界のみなさんに知っていただくのを目標にして頑張っています!

Q 各メンバーの特徴(自己紹介でも可)を教えてください!
Jessica:いつも元気で好奇心旺盛(おうせい)な射手座女子、ジェシカ・リンです!
Stella:あなたの笑顔で輝きたい!Seishun Youth Academyのクールビューティ、ステラ・ハンです!
Emily:イチゴの国のお姫様、みんなのマスコット!ナチュラルブロンドのエミリーキャンベルです!
弥生:どきどき、オーキドーキ、弥生土器!弥生です!
Sally:Seishun Youth Academyの生徒会長で青SHUN学園のメンバー、Sallyです!
Ally:サブリーダーでSallyちゃんの双子の姉、Allyです!

Q 今回は2nd単独ライブ。始まる前はどんな心境でしたか?
Ally&Sally:1st単独ライブは、SHUNさんのお力もお借りして、チケットもソールドアウトでき、大成功でした!ファンのみなさんと一緒に、いっぱい笑って泣いて、汗をかいて、とても感動的なライブでした。今回の2nd単独ライブはSeishun Youth Academyのメンバーだけなので、自分たちの力でソールドアウトして成長した姿を見せたかったのです。今はまだ、とても狭い会場ですが、今回無事に動員目標を達成できました!3rd単独ライブはもっと大きな会場でライブがしたいと思っています。2nd単独ライブまであと少しと迫った一週間前は、一人でも多くの方々に来てもらえるように、頑張りました!

2回目の単独ライブではありますが、SHUNさんがいらっしゃらない、メンバーだけでの開催ははじめてですので、とても大きな一歩になったと感じています。
また、9月から11月という短い期間での私たちの成長を感じて頂くことが出来たと思います。常に「今」を大切にしていきたいです!

Q 2nd単独ライブでの一番の見どころはどこでしたか?また、重大発表はありましたか?
Ally&Sally:2nd単独ライブは新曲もあり、チームに分かれて披露する曲もありました。メンバーそれぞれの歌声を、みなさんに聴いてもらいたいと思ってたくさんの挑戦を実施しました。メンバーは歌が上手なのに、恥ずかしがり屋さんが多いので、もっと一人一人のことを知ってほしいです。重大発表も勿論発表しました!
(1)オフィシャルHP+Web Shopの開設決定
(2)新人オーディション開催決定
(3)3/3 3rd単独ライブ開催決定
一生懸命頑張ります!応援を宜しくお願いします!

そして今回1番の見どころは、Seishun Youth Academyのために作っていただいたデビュー曲!「World's Friend」の初披露でした。

Q オリジナルデビュー曲「World's Friend」はどんな曲ですか?
Ally&Sally:「World's Friend」は今のSeishun Youth Academyを表す一曲になっています。メンバーの個性やストーリーが織り込まれていて、聞いていて飽きないとても楽しい曲です!世界のたくさんの皆さんにも是非聞いてもらいたいです!

Q 「World's Friend」はどんな人がComposerで、ダンスの振り付けはどんな人ですか?
Ally&Sally:World's FriendのComposerは青SHUN学園の学園長でありプロデューサーであり、Singer、Composer、Radio MCのSHUNさんです!遠い日本に居ても、カナダにいる私たちをいつも暖かくサポートしてくださっています。振り付けは、まねきケチャさんなど、たくさんのアイドルさんの振り付けや、青SHUN学園のDear my friendの振り付けを担当されている、しっぽん先生です!今回はとてもパワフルな振り付けなので、しっかりと魅せられるように頑張ります!特に落ちサビ前のダンスパートに注目してほしいです!

Q 地元のメディアにも取り上げられているんですよね??
Ally&Sally:はい!メンバーオーディションの時からお世話になっているバンクーバー経済新聞さんが1st単独ライブに来てくださって、記事を書いていただきました!現在は既に配布されている、バンクーバーの日系の新聞紙Oops! Magazineさんでも特集していただいているので、とても楽しみです!また、海外のアイドルニュースサイトYes Tiger!さんにも、メンバーの個性が引き出されるインタビューをしていただきました。こうして地元のメディアのみなさんに、私たちの活動や思いを理解して頂けて、取り上げて頂けることはすごく嬉しいです!これからも皆さんと一緒に盛り上げていきたいです!そして、これからもっとたくさんのメディアにピックアップしていただけるように頑張ります!今は、カナダのテレビへの出演が目標です!

Q Spotify、i-tunesでも配信を開始!その楽曲リストを教えてください!
Ally&Sally:はい、あと少しでネット配信が始まります!とても楽しみです。まず、青SHUN学園の曲を配信してから、1ヶ月ずつSeishun Youth Academyの曲を配信する予定です。青SHUN学園の音楽を代表するアルバム「力の限り!!!!!」と「青春☆わっしょい!」を最初に配信します。全41曲なので、海外のファンのみなさんがきっと驚くと思います!ほとんどのファンの方は「青春☆わっしょい!」しか聞いたことがないと思うので。

Q 最後に、これからのSeishun Youth Academyの未来について語ってください!
弥生:メンバーと初めてWorld's Friendを聞いた時に、TIF(日本で開催される世界一大きなアイドルフェス)でこの曲を歌いたい!と思いました。アイドルとして、TIFのHOT STAGEに立つことは以前からの夢でした。あの舞台でこの曲を歌いたい!
Emily:Seishun Youth Academyで遠征をしたいです!今はバンクーバーのイベントでしかライブをやったことがないので、日本はもちろん、カナダの別の州やアメリカにも行ってみたいです!私たちの音楽を広めていきたいです!
Ally:誰もが、ワールドワイドに活躍するアイドル=Seishun Youth Academyだと思うグループになりたいです。もっとたくさんの方に、アイドルグループとして認めていただけるような、ステージパフォーマンスをできるようになりたいです。
Sally:TIFや@JAM EXPOで出演するのもとても大きな大きな夢なんですけど、今の衣装はSeishun Youth Academyを象徴していて、好きですけど、目を引くようなキラキラしている衣装をいつか着たいです!World's Friendを初めて聞いた時に曲に合うような衣装がすぐに頭に浮かんだので、立派な衣装が着られるようなグループになれるように精一杯がんばります!ありがとうございました!

《セットリスト》
クラシックBGM
・君がくれた想い(BPM UP short)
・青春、逢いたくて!
バイキングMC(フル)
・One Day, One Dream
・キラキラ☆マーメイド short
・M.P.N(short)
バイキングMC(フル)
・蒼い空を望むならshort
・Message.
・終わらない歌(ガイドなし)
・Dear my friend(short)
バイキングMC(フル)
・推し増せ!親友編(チームSally・Stella・弥生)
・ツインテール ~I LOVE YOUをありがとう~(チームAlly・Jessica・Emily)
・あなたを求め止まない胸の音(アリサリボーカル・弥生ダンス)
Sha la la la LA! MC
・World's Friend(日本語)
・Fragment of a Dream
・Seishun Youth Academy
アンコール
・青春☆わっしょい!(最新ショート)
アンコールMC
・World's Friend(日本語)
ダブルアンコール
・開放(short)

◆【連載】青SHUN学園 SHUNの「青SHUNコラム」
◆ノーメイク・オフィシャルサイト
◆青SHUN学園オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報