LOVEBITES、初の欧州ツアー完遂

ツイート

LOVEBITESが11月21日、英・ロンドンのO2アカデミー・イスリントンにて、自身初となる欧州ヘッドライン・ツアーの最終公演を開催した。

◆LOVEBITES画像

同ツアーは11月13日のオランダ・ハールレムを皮切りに、ドイツ、フランス、イギリスの4か国で全6公演を行なったものだ。以下、熱狂のロンドン公演のオフィシャルレポートをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

最終日の会場であるO2アカデミー・イスリントンは、イギリス国内にて数多くのコンサート会場を展開するアカデミー・ミュージック・グループ運営のO2アカデミーのうちのひとつで、最大800人を収容。マイ・ケミカル・ロマンスやゼブラヘッドをはじめとするさまざまな著名ロックバンドが過去このステージに立っており、2013年にはVAMPSも公演を行なっている。

英国での公演は8月に開催された<ブラッドストック・オープン・エア>以来3カ月ぶり、フルセットのショウに限って言えば2017年11月28日以来、実に約1年ぶりとなる。今年、英国の老舗メタル専門誌『メタル・ハマー』主催の式典にてベスト・ニュー・バンドを受賞したこともあり、彼女たちのライヴを待ちわびた地元のメタル・ヘッズが数多く会場に詰め掛け、場内を移動することも容易ではないほど。


夜9時になると、「ジ・アウェイクニング」のSEをバックに、メンバーがステージに登場。歓声をかき消すかのように、バンド最初期のリード曲「ドント・バイト・ザ・ダスト」でショウはスタート。キャッチーでノリの良い楽曲に、オーディエンスの熱気がシンクロしている。曲が終わり、ヴォーカリストのasamiによる「We are LOVEBITES and we play heavy metal!」というお馴染みの口上を挟んでのスラッシュ・メタル・ナンバー「ブレイク・ザ・ウォール」に、会場のヴォルテージはさらに上がる。続いて、跳ねるようなリズムが印象的な「スクリーム・フォー・ミー」へ雪崩れ込む。オーディエンスの掛け声が重要なこの曲において、イギリスのファンもきっちりバンドをサポートした。

直後のMCでは、asamiがベーシストのmihoに対して「What comes to mind when you hear London?(ロンドンと言えば何を思い浮かべる?)」と尋ね、お酒好きのmihoが「Cider!! Cheers!!」と答え、和やかな雰囲気に。そしてプレイされたのは、記念すべきファーストアルバム『アウェイクニング・フロム・アビス』から、リードトラック「シャドウメイカー」だ。ギターソロの長さとテクニカルな部分が、英国の人気メタルバンド、ドラゴンフォースを想起させると度々言われるLOVEBITESだが、中間部の1分間を超えるmidoriとmiyakoの高速ギターソロに、場内は割れんばかりの歓声だ。




目下の最新作にあたるセカンド・ミニアルバム『バトル・アゲンスト・ダムネイション』から「アバヴ・ザ・ブラック・シー」をプレイしたのち、「ニューアルバム『クロックワーク・イモータリティ』が、JPUレコードを通して、ここイギリスでもリリースされます。ファーストシングルはすでに配信が開始されてますが、ライヴでプレイするのはこのツアーが初めてです」というasamiの英語のMCから、「ライジング」が披露された。先週金曜日、ヨーロッパのテリトリーの権利を持つ世界最大メタルレーベルであるニュークリア・ブラスト/アライジング・エンパイア、そして日本のビクターの両アカウントからミュージックビデオが全世界同時公開された、注目の新曲だ。イギリス、そしてヨーロッパでも間もなく発売となるセカンドアルバム『クロックワーク・イモータリティ』への期待感が高まったことだろう。



破壊力のあるファストナンバー「ザ・ハマー・オブ・ラス」、イントロでmiyakoがキーボードを弾く「ライアー」、壮大かつ高揚感のある「アンダー・ザ・レッド・スカイ」で本編は終了。鳴り止まないLOVEBITESコールに応え、ステージに戻ってきたメンバーたち。「疲れてるの? 眠いんじゃないの?」というasamiの煽りに全力で「No!」と答えたオーディエンスのために、組曲的な「エッジ・オブ・ザ・ワールド」、そして疾走感あるメロディック・スピード・メタル・チューン「ブレイヴハーテッド」をアンコールに配置。もう一度のハイライトを生み出したバンドは、「We are LOVEBITES and we play heavy metal!」というasamiのシャウトと共に、初の欧州ツアーの最終公演は幕を閉じた。


ステージから去る際asamiが、「イギリスは私たちの第2の故郷。またすぐに会おうね!」と発したが、このツアーが、『クロックワーク・イモータリティ』を携えた来年の海外公演への足掛かりになることは間違いない。そう感じさせてくれるツアーであった。

Photos (c) Saya Camera Lady & Chizzy Kakizawa

   ◆   ◆   ◆

■LOVEBITES コメント

「LOVEBITES初の欧州ツアー無事完走! 控えめに言って.. 最高に楽しかった!! どの国もみんな温かく迎え入れてくれて、且つ、熱く盛り上がってくれました。感無量です。本当に本当にありがとう!! We love u so much!! See you again!! :))」──asami(Vo)

「初めて行く国々もありましたが、どこの国でも沢山の方が盛り上がってくださって、楽しくライヴできました! 移動が多くてタフではありましたが、充実したツアーになったかと思います。ありがとうございました!」midori(G)

「公演を重ねるごとにバンド・サウンドがまとまり、良いライヴになっていきました! このままの感じで来年からの日本でのツアーに挑みますので、楽しみにしててくださいね!」──miyako(G)

「日本から遠く離れた地にもかかわらず、こんなに多くの方が私達を応援してくれているのかと、感動の日々でした。今回行けなかった国も含め、遠くないうちに戻ってきたいです!」──miho(B)

「初めての海外ツアーで、楽しみな反面、ハードなスケジュールに不安もありましたが、予想を遥かに超える盛り上がりと沢山の熱い声援をいただいて、とても楽しく最高なライヴが出来ました! 来年の国内ツアーもこの勢いで突っ走っていきたいです!」──haruna(Dr)


   ◆   ◆   ◆

LOVEBITESのニューアルバム『クロックワーク・イモータリティ』は12月5日にリリース。2019年1月からは、同作を携えた国内ツアーがスタートする。明日11月23日には新作からの2ndシングルも配信開始予定ということなので、お楽しみに。

2nd ALBUM『CLOCKWORK IMMORTALITY』|『クロックワーク・イモータリティ』

2018年12月5日(水)発売
※iTunes Store、レコチョク等主要配信ストア及びApple Music、Spotify、LINE MUSIC等主要定額制音楽ストリーミングサービスにて同日配信開始予定

完全生産限定盤A ¥5,500+税
※CD+ライヴBlu-ray『BATTLE IN THE EAST / バトル・イン・ジ・イースト』
(『BATTLE IN THE EAST』はDVD版と同内容)

完全生産限定盤B ¥4,500+税
※CD+ライヴDVD『BATTLE IN THE EAST / バトル・イン・ジ・イースト』
(『BATTLE IN THE EAST』はBlu-ray版と同内容)

通常盤 ¥2,900+税
※CD/初回プレス分にはメンバーのイラストをあしらった特製シール6種のうち1種をランダム封入

トラックリスト:
1. Addicted / アディクテッド
2. Pledge Of The Saviour / プレッジ・オブ・ザ・セイヴィアー
3. Rising / ライジング
4. Empty Daydream / エンプティ・デイドリーム
5. Mastermind 01 / マスターマインド01
6. M.D.O. / M.D.O.
7. Journey To The Otherside / ジャーニー・トゥ・ジ・アザーサイド
8. The Final Collision / ザ・ファイナル・コリジョン
9. We The United / ウィ・ザ・ユナイテッド
10. Epilogue / エピローグ

LOVEBITES 配信リンク:
https://lovebites.lnk.to/clockwork

<CLOCKWORK IMMORTALITY TOUR IN JAPAN 2019>

2019年
1月12日(土)大阪・梅田クラブクアトロ
1月13日(日)愛知・名古屋E.L.L
1月27日(日)東京・マイナビBLITZ赤坂
2月10日(日)福岡DRUM SON
2月15日(金)宮城・仙台MACANA
2月23日(土)北海道・札幌DUCE SAPPORO
チケット一般発売: 2018年12月8日(土)正午

LINE LIVE特番『音漏れ注意!ビクターメタル専門学校!』

2018年12月4日(火)19:00スタート
※LOVEBITES出演予定
URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/9980105


この記事をツイート

この記事の関連情報