スクリレックス、マライアがきっかけで「僕の名前、DJスキットルズに変える」

twitterツイート

マライア・キャリーは、先週リリースしたニュー・アルバム『Caution』で共作したスクリレックスを“スキットルズ”(キャンディの名前)と呼んでいるそうだ。内輪のジョークだというが、スクリレックスは世界の歌姫から頂戴したこのニックネームを気に入っているようだ。

◆マライア・キャリー動画

マライアはMTVのインタビューで新作のコラボレーターについて問われ、スクリレックスの名があがると、こう話した。「スクリレックス、そうね、私は彼をスキットルズって呼んでるの。それについての内輪のジョークがあるのよ。私は、一人の人間として彼を愛してる。彼が持ち込む音楽的なアイディアがすごく好きだった」

これに対し、スクリレックスはそのインタビュー映像をリツイートし、「僕の名前、Dj Skittlesに変えるよ」とつぶやいた。



スクリレックスは、『Caution』で、Ty Dolla Signをフィーチャーした「The Distance」とボーナス・トラックの「Runway」をプー・ベアやLidoと共同プロデュースした。日本盤(デジタル・アルバム)には、この「Runway」でKOHHがフィーチャーされたヴァージョンも収録されている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報