稲垣・草なぎ・香取と会場の心が一つになった<ParaFes 2018>

ツイート


11月23日(金・祝)に武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナにて、<ParaFes 2018 ~UNLOCK YOURSELF~>が開催された。

◆<ParaFes 2018 画像

この<ParaFes>は、パラスポーツの普及啓発を通じインクルーシブ社会の実現を目指すライブエンターテインメントイベントで、3回目の開催となる今年2018年はテーマに「真剣勝負」を掲げた。パラアスリートとオリンピアンによる息をのむ勝負や、障がいのあるミュージシャン、国内人気アーティストたちがスペシャルなコラボレーションを果たした。

同イベントとしては過去最高の6,000人の来場者が見守る中、パラフェスダンサーズによるオープニングパフォーマンスに続き、パラサポ最高顧問の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 森喜朗会長、パラサポ特別顧問の日本財団 笹川陽平会長、パラサポ会長 山脇康による登壇者挨拶の後、<ParaFes>ロゴオブジェの点灯が行われた。続いてスクリーンには国際パラリンピック委員会アンドリュー・パーソンズ会長のメッセージVTRが投影され、「僕の特別な友達、国際パラリンピック委員会特別親善大使を紹介しましょう!」の掛け声で、草なぎ剛と香取慎吾が登場。会場は歓声に包まれ、「パラフェス2018、開幕です!」と開会が宣言された。



ナビゲーターを務める草なぎは満員の客席に対し、「こんなに大勢の方が集まってくれて、選手も嬉しいと思う」と感想を述べると、香取も、「2020年も満員のお客さんで、選手を応援したいですね」と、<東京2020パラリンピック>へ向けた意気込みを語った。そして、アスリートによる“真剣勝負”がスタート。<東京2020パラリンピック>で正式競技に採用されたテコンドーののち、卓球、車いすフェンシングの真剣勝負が展開され、観客を魅了していった。





続く「UNLOCK LIVE」のコーナーでは、会場で配布されたアイマスクをつける「ブラインドコンサート」形式がとられた。今回で3回目の登場となった全盲のシンガーソングライター木下航志の「明日に架ける橋」からスタートすると、<リオ2016パラリンピック>閉会式でもパフォーマンスを披露した両腕のないブラジル人ピアニスト兼ギタリストのジョナタ・バストスによる「Just The Way You Are」が演奏され、そののちには盲目の小学生ドラマー酒井響希が登場し、3人による「Isn't She Lovely」が披露された。





ここで、現在出演しているミュージカルの舞台終演後に<パラフェス>に駆け付けた稲垣吾郎がステージに登壇。「到着して、まだ5分だけど、もう感動しています」とコメントし、会場を盛り上げた。

最後に、May J.が加わってのスペシャルセッションがおこなわれた。温かで透明感あふれる歌声と息の合った演奏で「This Is Me」が披露されると、会場は拍手に包まれる。May J.は、「3人の演奏がパワフルで、負けないように歌いました。このまま皆で、ツアーを回りたいくらいです」と感動のステージを振り返った。




「SPECIAL LIVE」では、<パラフェス>初参加の秦 基博が登場し、まず「アイ」を歌い上げると、「パラスポーツは初めて見ましたが、間近に見て、すごい迫力でした」と感想を語った。また、ラストを飾った「ひまわりの約束」では、出演したアスリート、ミュージシャンら全員がひまわりの花を手に登壇し、ともに歌唱した。




そして最後にグランドフィナーレとして、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾によるパラスポーツ応援ソング「雨あがりのステップ」が披露された。ステージ上の出演者と観客が一つになった華やかなフィナーレとなり、拍手と歓声の中、<ParaFes 2018> は幕を閉じた。



<ParaFes 2018(パラフェス 2018)>

2018年11月23日(金・祝) 16時~19時
@武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ
主 催 : 公益財団法人日本財団パラリンピックサポートセンター

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス