ザ・ローリング・ストーンズ、初の大規模展覧会が日本上陸

twitterツイート

ザ・ローリング・ストーンズの企画展<Exhibitionism>が、2019年春に日本に上陸する。

◆製作発表記者会見 画像

2016年4月にロンドンのSaatchi Galleryで開幕した<Exhibitionism>は、バンド自らプロデュースを手がけた史上初の大規模な企画展だ。その内容は、アート、フィルム、楽器、機材、写真、衣装などの貴重なアーカイブ資料や映像、音声体験を通じて、結成から半世紀以上におよぶストーンズの歴史を一望することができるというもの。これまでニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビル、シドニーと各地を巡回し、動員数は世界5か所で100万人を突破する人気展となっている。


日本展の会場となる東京・TOC五反田メッセで本日11月26日、“いいベロの日”に行なわれた製作発表記者会見には、本企画展のアンバサダーに就任したChar、鮎川誠、シシド・カフカが登壇。2014年の東京ドーム公演にも足を運んだというシシド・カフカは“コンサートを観て一時期チャーリー・ワッツに惚れ込んでいた”と語り、実家が会場の目と鼻の先だというCharは「近くなので毎日来るかもしれません。五反田を離れなくてよかった!」と会場を沸かせた。

さらに鮎川も「昨日YMOの40周年パーティーだったんですが、僕とYMOが40年前に出会った時に一緒に演奏したのがストーンズの「サティスファクション」。 ストーンズ関連のことがあったらどこにでも、何があっても馳せ参じるほど惚れ込んでいる」とストーンズ愛を覗かせ、「Charさんや僕がストーンズをはじめとするロックに魅了されたように、シシド・カフカさんや若い世代の方々の心にも響いている、音楽の礎を築いてくれたストーンズに感謝したい! ありがとうローリング・ストーンズ!!」とその魅力を熱く語った。


アジア初上陸となる日本展<Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展>は、東京・TOC五反田メッセにて2019年3月15日(金)から5月6日(月・振休)まで開催される。

Photos (C)GEKKO

<Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリFairchance>

開催会場:東京・TOC五反田メッセ
開催期間:2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
【平日・土・祝前日】11:00~20:00 *最終入館時間19:30まで
【日・祝日】11:00~18:00 *最終入館時間17:30まで

【11月26日(月)発売開始】
▼各種チケット
・3月・平日限定 早割チケット ¥2,500  ※12月31日までの販売
・土日祝限定 優先入場チケット ¥3,700 ※土日祝限定、11:00-1時間ごとに時間指定
・VIPチケット ¥8,500 ※期間中いつでも2回入場可、優先入場/VIPパス付き
▼グッズ付チケット(このチケットでしか手に入らないオリジナルグッズ付き)
A :トートバック付き 入場チケット ¥5,200
B :ピンバッチセット付き 入場チケット ¥13,200
※会場での販売はございません。グッズは当日窓口での配布となります

【1月12日(土)10時より発売開始】
▼入場チケット
・一般[前売] ¥3,200 ・学生(中・高・大・専) ¥2,000
※小学生以下入場無料(保護者同伴に限る)
※ご入場の際に学生証のご提示をお願いいたします
・グループ(10名以上) ¥3,000 ※INFORMATIONダイヤルでのみ受付

【当日券】
▼入場チケット
・一般 ¥3,500 ※学生/グループの当日料金はございません
・土日祝限定 優先入場チケット ¥4,000
・VIPチケット ¥8,800
*全て税込価格
*小学生以下入場無料(保護者同伴に限る)
*再入場不可
*会場内は一部を除き撮影可能

チケット:ローソンチケット、ぴあにて発売
[問]0570-063-050(受付時間10:00-20:00)

OFFICIAL WEBSITE : stonesexhibitionism.jp
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス