ローランド、ビートを検出して映像と音楽が連動した動画をカンタンに作れるiOSアプリ「Beat Sync Maker」

twitterツイート

プロのミュージック・ビデオのように映像と音楽が連動した動画をカンタンに作成できるiOSアプリが登場。スマートフォンで撮影した音楽動画のビート(拍子)に合わせて印象的な視覚効果を自動で加えられる「Beat Sync Maker」(ビート・シンク・メーカー)が、ローランドからリリースされた。


「Beat Sync Maker」は、演奏動画を作りたいDJやビートメーカーにぴったりなスマホ用アプリ。音楽のビートに合わせて変化する視覚効果(エフェクト)を加えて、カンタンに印象的な動画に仕上げることができる。ビートの抽出には、ローランド独自の技術「ABS(Auto Beat Sync)テクノロジー」が使用されている。

操作はいたってカンタン。加工したい動画を再生しながら、使いたいエフェクトを選ぶだけ。時間をかけずに個性的な動画に作り変えることができる。


▲左上がオリジナル映像。その右がEdge、中段はWave FormとInvert、下段は左がPosterize。最後の画像は2-Video Mixのプリセットに用意されたCGを使った動画素材。ユーザーが用意した動画と切り替えて表示される。複数の効果を同時に使用することはできない。

搭載されるエフェクトは、輪郭を抽出して強調する「Edges」、音声が波形で表示されリアルタイムに動く「Wave Form」、色彩を反転させる「Invert」など5種類。ビートに合わせて2つの映像を切り替えることができる「2-Video Mix」では、アプリ内に用意された18種類の映像と組み合わせたり、ユーザーがスマホに保存している動画を組み合わせることも可能だ。作成した動画はデバイス内に保存でき、SNSへの投稿もスムーズ。動画を再生しつつエフェクトを確認しながら作成できるので、数分で効果的なアレンジができる。


▲エフェクトの効き具合は調整が可能。設定できる項目はエフェクトにより異なる。左から2-Video Mix、Posterize、Wave Form。Wave Formは波形の位置が変えられるので映像の邪魔にならない。

フリー版では最長30秒までの動画エクスポートが可能。アプリ内課金でアップグレードすれば、長さ無制限で動画制作が可能になる。また、スマホで高音質の動画収録ができるオーディオ・ミキサー「GO:MIXER PRO」または「GO:MIXER」と接続して動画作成を行えば、課金することなくアップグレード版と同じ機能を使うことができる。


▲オーディオ・ミキサー「GO:MIXER PRO」と「GO:MIXER」はスマホに接続して高音質で演奏動画が収録可能。楽器やマイクなど複数の同時入力にも対応する。スマホからの電源供給で動作、手のひらサイズでどこにでも持ち出して動画撮影が楽しめる。

■カメラアプリのディスカウント・キャンペーン実施中

「Beat Sync Maker」のリリースを記念して、ローランドがキャンペーンを実施中。配信中のカメラアプリ「4XCAMERA」と「Virtual Stage Camera」(いずれもアプリは無料)からのアップグレード料金がディスカウント。期間中は通常よりお求めやすい価格でアップグレードが可能だ。このチャンスをお見逃しなく。

期間:2018年11月26日(月)~12月26日(水)
内容:
・「4XCAMERA」 通常アップグレード料金480円 → 期間中360円
・「Virtual Stage Camera」 通常アップグレード料金1,080円 → 期間中360円


▲「4XCAMERA」は複数の楽器を演奏して多重録画するなど、マルチ画面の動画を手軽に作ることができるiOS用カメラアプリ。無料版では、画面上に「Roland」ロゴが表示され、画面は最大2分割。課金するとロゴの表示がなく、4画面まで分割が可能に。また、「GO:MIXER PRO」とスマートフォンを接続して使用する場合は、課金することなくアップグレード版の機能が使用可能。


▲「Virtual Stage Camera」(iOS/Android対応)は、 撮影場所の背景をカメラに認識させ、別の画像や動画に置き換えて合成した映像を撮影することができるカメラアプリ。カンタンに好みの背景を合成して、ユニークな映像演出が楽しめる。無料版で制作できる動画は最長で30秒まで。アプリ内での課金後は動画の長さが無制限に。「GO:MIXER PRO」「GO:MIXER」とスマホを接続して使用する場合は、無料版でも動画の長さ無制限で使用可能。

製品情報

◆Beat Sync Maker
価格:無料(アプリ内課金360円でアップグレード)
発売日:2018年11月26日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報