伊勢正三、15年4ヶ月ぶりオリジナルAL『Re-born』発売

ツイート

伊勢正三が2月20日、ニューアルバム『Re-born』をリリースする。

◆告知映像

2016年にキャリア45周年を記念したオールタイムベストアルバム、2017年には大久保一久とのユニット・風をフィーチャーしたライブアルバムなど、音楽家としての活動をアーカイブした作品を連続リリースしてきた伊勢。新曲を求めるファンの要望に応えるべく2018年夏よりレコーディングがスタートし、2003年10月に発表した『garden』以来、15年4ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム『Re-born』が制作されたという。


伊勢は、作詞作曲はもちろん、アレンジ、演奏も手がけており、AORやフォーク、フレンチポップ、レゲエ、歌謡曲、ラップなどを散りばめた書き下ろし曲12曲が収録される予定だ。

また、各店舗別予約特典として、ネックストラップやA4中綴じカレンダー、ポストカード、クリアファイル、チケットホルダーなどのオリジナルグッズが先着でプレゼントされるのでお見逃しなく。


New Album『Re-born』

2019年2月20日(水)発売
FLCF-4517 ¥3,056(税抜)+税

[収録曲] ※順不同
テレポーテーション
風の日の少年
冬の恋-parallel ver-
小さな約束
夏純情
旅する二人
雨のウインク
秋の葉の栞
コートに花束を隠して
俺たちの詩
イノセント・ノベル
冬の恋

この記事をツイート

この記事の関連情報