【インタビュー】K-POPの新星LUCENTE、「“日本と恋に落ちた”くらい好き」

twitterツイート

K-POPの7人組新人ボーイズグループLUCENTEがこの秋、韓国にて1stミニアルバム『The Big Dipper』をリリースした。これを記念して、首都圏で日本初のリリースイベントを開催中だ。

◆LUCENTE (ルーチェント) 画像

先ごろ、原宿クエストホールで開催されたデビューショーケース<LUCENTE DEBUT SHOWCASE in JAPAN>が大盛況。第1位に防弾少年団、2位にWanna One、3位にEXOなど蒼々たるメンツがランクインした『ボーイズグループブランド評判』では、新人としては唯一トップ30入り(10月度)を果たすなど注目度もうなぎ登りだ。

現在、リリース記念イベントを開催中の彼らに、二度目の来訪となる日本の印象や個々のキャラクターについてじっくりと訊いたロングインタビューをお届けしたい。

   ◆   ◆   ◆

■日本語の発音がすごく好きなんです
■先輩方の日本語Ver.の歌を聴いてます

──LUCENTEの初来日は2017年7月15日から24日にかけて行われた海外公演のタイミングでしたが、その時の日本に対する印象や来日エピソードを教えてください。

BAO:日本はまったく初めてだったんですけど、飛行機を降りた瞬間から“ああ、日本ってこんな綺麗なんだ”と思いました。あと、韓国と同じぐらいの気温かなと思って来たんですけど、ものすごくムシムシと暑くて驚きました。薬屋さんで冷やすスプレーを買って初めて使ってみたり。食事で一番印象に残ってるのは鉄板ステーキですね。

▲Z.HOO

TAEJUN:僕もあまりの綺麗さにビックリしました。どこへ行っても綺麗のひと言に尽きます。今回の来日で宿泊しているところは住宅地なんですけど、ゴミひとつ落ちてない。路地に入っても汚いものがまったくなくて、本当に綺麗ですね。

KOGUN:僕もまず清潔で綺麗だなということと、建物が小っちゃいけれど愛らしい手入れがちゃんとできているなと思いました。日本人に対しての印象は、映画とかドラマで観ていたように本当にリアクションが大きい。僕から見たらそれほどでもないことにも“えぇー‼”っていうような反応するところが面白くて可愛いです。

Z.HOO:僕は日本に来る前からすごく興味があったんですね。特にアニメーションが大好きで興味がありました。

──特に好きなアニメは何ですか?

Z.HOO:『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』、あと『犬夜叉』も好きです。

U.SEONG:日本の方は、人に対しても物に対してもものすごく繊細で感性豊かに感じます。僕はフィギュアが好きなんですけど、パーツ一つ一つが丁寧で、韓国にはない繊細さがありますよね。日本食ももともと大好きで、日本で食べたものは全部美味しいです。

▲KOGUN

──特に何が美味しかったですか?

U.SEONG:お寿司が大好きで、韓国でも週2回は食べるんです(笑)。だけど、今回の来日で食べたお寿司のネタがすごく大きくてビックリしました。

HERO:僕は小さい頃から音楽が大好きで、日本の音楽もよく聴いていたので好感を持ってました。初来日のときも今回も、日本の魅力に触れて、“日本と恋に落ちた”というぐらい好きです。今回、日本に来る直前にアニメ映画『君の名は。』を観たんですけど。そのOST(サウンドトラック)が頭の中にずっと残ってて、最近も暇さえあれば聴いています。道を歩いてて自転車が止まっているのを見ただけで映画のワンシーンを思い出して、なんかドキドキしますね(笑)。

PARKHA:僕もみんなと同じで、まず綺麗でビックリしたのと、美味しいものがいっぱいあるなと思いました。アニメーションも大好きだから、初来日でお台場に行ったときに実物大のガンダムを見てその大きさに驚きました。あと、日本語の発音がすごく好きなんです。例えばBIGBANGさんとか、日本デビューしてる先輩方の日本語バージョンの歌をわざわざ探して聴いたり歌ったりしています。

▲BAO

──では、グループ内でのそれぞれのキャラクター的な役割は?

BAO:僕はどっちかと言うとメンバーに小言を言う役割ですね。例えば、部屋が汚れたりすると、「これは誰が汚したの? 片付けて」とか(笑)。

TAEJUN:僕は普段、みんなを楽しませて笑わせる役割をしています。

BAO:TAEJUNさんはユニークで、グループもムードメーカーですね。今はちょっと緊張してますけど(笑)。

KOGUN:僕はみんなとの合宿で、同じスケジュールをこなしたり同じものを食べていても、誰より早く風邪をひいちゃうんです。そういうところで、みんなから面倒をみてもらったり、可愛がってもらっています。

Z.HOO:特にKOGUNさんは僕のことが大好きなんですね(笑)。お兄ちゃんのように慕ってくれています。

KOGUN:Z.HOOさんもムードメーカーです。

──U.SEONGさんはリーダーですが。

U.SEONG:僕は世話役ですね、チームの雰囲気をものすごく大切にしています。なので、常にメンバー個々の気持ちとか健康面とかを意識するようにしてます。実は昔は、人の世話に向いてない性格だったんです。でも、今ではみんなの顔を見るだけでどんな状態なのかわかるようになりました。

HERO:僕は食べるものをよくみんなに提供します(笑)。美味しいものを紹介したり、両親がパン屋さんなので美味しいサンドイッチをよく差し入れたり。僕自身、いくら食べても常にお腹が空いてる状態なんですよ(笑)、それぐらい食べることが大好きです。

PARKHA:僕は一番若い末っ子なので、“LUCENTEの若さ”の代表格ですね(笑)。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス