トミー・リー、トラヴィス・スコットのステージ・ローラーコースターに怒

twitterツイート

トラヴィス・スコットは最新ツアーでステージ上に1回転するローラーコースターを設置しているが、これを知ったトミー・リーが怒りのツイートを発した。リーがモトリー・クルーのツアーで使用してきたドラム・コースターをパクったと不満をぶちまけた。

◆トミー・リー 怒りのツイート

リーは今週初め、立て続けにツイート&映像をインスタグラムに投稿した。「ファッキンバカ野郎@trvisxxもしくはそいつのチームの誰かが、360 & The Crueciflyをパクったことをいま知った! なんてこった!! おい、オリジナルのアイディアもてよ…(誰が先にやったか、スワイプして見てみろ!) まだあるぜ…」「それにいいい、パクリは1つじゃない2つだ。アホ。マネされるのはある種、称賛だと捉えているが、これは俺のやつそのものじゃないか。みんな、どう思う???」



さらに、これでは飽き足らず、「ヘイ、@trvisXX、弁護士用意しとけ」とまでつぶやいた。


トラヴィスからコメントはないものの、彼の弁護士はその後、『TMZ』に「ステージにローラーコースターというコンセプトはトミーが発明したわけじゃなく、彼からの非難に法的根拠はない。あのシステムのクリエーター/オーナーはトラヴィスに使用許可を出している」と話したという。

これを知ったリーは、「トラヴィスのセット・デザインは誰がやってると思う????」と、彼のドラム・コースターを製造したという会社SGPSにまで怒りをぶつけた。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報