【ライブレポート】椎名林檎、20周年記念アリーナツアー<林檎博’18>で「感無量です」

twitterツイート

椎名林檎、4年ぶりのアリーナツアーにしてデビュー20周年、40歳のアニバーサリーツアーでもある<椎名林檎 (生)林檎博 ’18 -不惑の余裕->、さいたまスーパーアリーナ3DAYS (11月22・24・25日) の1日目。

◆椎名林檎 画像

本編25曲、アンコール2曲の全27曲が披露された。ステージには椎名林檎と4人のバンドメンバーと、ダンサー(BAMBI NAKA, AIとELEVENPLAYの4人。曲によって2人になったり4人になったり6人になったり)が立つ。そして、ステージ手前にオーケストラピットが設けられ、斎藤ネコがタクトを振るオーケストラが控えている。ステージの後方と左右には巨大なLEDスクリーン。また床には数ヵ所リフトが仕込まれており、椎名林檎やダンサー、ゲストがそこから登場する。



SEに続くオープニングナンバーは「本能」。椎名林檎はステージに姿を見せず、声だけ。最初のゲストであるMummy-D (RHYMESTER)とダンサーふたりが、パフォーマンスをひっぱる。曲の後半で椎名林檎も中央のリフトから神々しく登場、3曲目「流行」もMummy-Dと実演──という形で、ライブはスタートした。

ゲストは、Mummy-Dを含めて3人。浮雲は18曲目、ピチカート・ファイブのカバー「東京は夜の七時」で左手をポケットに入れつつひとりで歌い、続く「長く短い祭」はふたりでデュエット。24曲目「目抜き通り」にはトータス松本が登場、ソウルフルなボーカルを聴かせた。本人の登場はなかったが、11曲目「神様、仏様」では向井秀徳のサンプルボイスが響き、23曲目の「獣ゆく細道」は映像の宮本浩次と生身の椎名林檎がデュエットする、という形で歌われた。なお、24日、25日には、Mummy-D、浮雲、宮本浩次、レキシがゲスト出演したという。



LEDスクリーンには曲毎に様々な映像が映し出される。ステージ上の椎名林檎やダンサー、演奏家がオンタイムでクローズアップされる曲もあれば、別撮りされたダンス映像が映し出されたり。16曲目「歌舞伎町の女王」ではネオン街が描かれたり (店の看板がこれまでの椎名林檎作品にまつわる名前やデザインになっている拘りよう)。浮雲と歌った「長く短い祭」では花火や阿波踊りの映像で祭りムードを醸したり、と、一瞬たりとも目が離せない濃密さ。また歌詞も全曲字幕が出る。

椎名林檎の衣装替えは4回、途中でガウンやコートを脱ぐことで別衣装になったのも含めると全9ポーズ。両手のハンマーでチューブラーベルを叩いたり、例の「横向き不動スタンドマイク」のポーズで歌ったり、ダンサーと共に舞ったり、17曲目「人生は夢だらけ」の前半ではピアノ一本で独唱を聴かせたり──と、映像以上にバリエーション豊かなステージングを見せていく。12曲目の「化粧直し」はインストゥルメンタル。ダンサーたちが紹介された後、彼女の5歳の娘によるグリーティングナレーションで来場者に感謝を伝える、という演出も。



本編ラストの25曲目は「ジューダム」。NHK『ガッテン!』のために書き下ろしたこの曲では、『ガッテン!』司会の立川志の輔と小野文惠アナの姿がスクリーンに現れ、ステージから客席へ向けて大量の銀テープが発射された。

これもいつものことだが、曲間なし、MCもなしで、24曲目までがすさまじい体感速度で披露されて行き、一緒に「目抜き通り」を歌ったこの日のサプライズゲストであるトータス松本が去ったあと、椎名林檎、本日一回目のMC。

「11月22日、いい夫婦の日。確かaikoの誕生日。aikoはいい夫婦の日で、私はいい二号の日。今日はおめでたい日にお目に掛かれて嬉しいです」──超満員のさいたまスーパーアリーナに笑いが広がる。



そしてアンコールでは、「20年もこの名前でやり続けているとは思わなかった。たくさんの方々に必ずしも聴いて戴きたいと思ってきたわけではないから、20年経ってもこんなにたくさん来てくださるなんて。もっとぽつねんとしていると思っていた。感無量です」──そんなMCで、改めてファンに感謝の気持ちを伝えた。

全体に、キャリアを網羅するのでも、ヒット曲を並べるのでもなければ、逆にマニアックに偏るのでもない、今の椎名林檎を伝えることに主眼が置かれた、そしてカバー曲などの遊び心も入った、絶妙なセットリストだった。ただ、4曲目「雨傘」、17曲目「人生は夢だらけ」、25曲目「ジユーダム」、27曲目(アンコールの2曲目)「夢のあと」と、聴き手の魂を解き放つようなリリックの曲を配置していたことによっても、自分を支え続けれくれたファンへの思いを、椎名林檎が表していたように感じた。


取材・文◎兵庫慎司
撮影◎太田好治

■<椎名林檎 (生)林檎博 ’18 -不惑の余裕->11月22日@さいたまスーパーアリーナSETLIST

01. sound & division
02. 本能 (※Mummy-D)
03. 流行 (※Mummy-D)
04. 雨傘
05. 日和姫
06. APPLE
07. マ・シェリ
08. 積木遊び
09. 個人授業
10. どん底まで
11. 神様、仏様
12. 化粧直し
13. カーネーション
14. ありきたりな女
15. いろはにほへと
16. 歌舞伎町の女王
17. 人生は夢だらけ
18. 東京は夜の七時 (※浮雲)
19. 長く短い祭 (※浮雲)
20. 旬
21. 恋の呪文はスキトキメキトキス
22. ちちんぷいぷい
23. 獣ゆく細道
24. 目抜き通り (※トータス松本)
25. ジユーダム
encore
en1. はいはい
en2. 夢のあと

■WOWOW番組『椎名林檎 (生)林檎博'18 -不惑の余裕-』

2019年1月27日(日)夜8:00 [WOWOWプライム]
収録日:2018年11月25日
収録場所:埼玉 さいたまスーパーアリーナ
https://www.wowow.co.jp/ringo/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス