ミューズ「新ツアーでは人をフィーチャーしたい」

twitterツイート

これまでテクノロジーを駆使した公演を開いてきたミューズだが、新ツアーでは“人”をフィーチャーしたいという。

◆ミューズ画像

フロントマンのマット・ベラミーは、BBCのインタビューでこう話した。「僕はいま、よりたくさんの人たちを巻き込んだショウを作ることに興味を持っているんだと思う。ダンスの一幕があるってわけじゃないけど、演出された芝居のようなものになるっていうか。僕らはテクノロジーを使ったものはたくさんやってきた。スクリーンとかドローンとか、いろいろね。でも、人々をフィーチャーしたものをやるときが来たって思うんだ。キャストが一体となりパフォーマンスすることで僕らの曲に命を吹き込む」

ミューズは先月、8枚目のスタジオ・アルバム『Simulation Theory』を発表し、来年2月から<Simulation Theory>世界ツアーを開催する。ツアーは北米で始まり、夏にヨーロッパを周り、秋に南アメリカに上陸する予定。

『Simulation Theory』は本国UKで初登場1位に輝き、ミューズはこれでサード『Absolution』(2003年)から6枚全てのスタジオ・アルバムが全英No.1を獲得した。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報