Controversial Spark、3年半ぶりAL『After Intermission』ジャケ写&トラックリスト公開

twitterツイート


いよいよ再始動する鈴木慶一率いるバンド=Controversial Spark(コントロヴァーシャル・スパーク)のセカンド・アルバム『After Intermission』(2019年1月11日発売)の収録曲およびジャケットが公開された。

◆アルバム『After Intermission』 画像

ムーンライダーズの活動休止後、動向が注目されていた鈴木慶一が新バンド、コントロヴァーシャル・スパークを結成してポップ愛好家を驚かせたのは2013年のこと。そのデビュー・アルバム『SectionⅠ』から3年半を経て、このセカンド・アルバムが完成した。

矢部浩志、岩崎なおみのボトムをベースに、絡み合うギター、宙を漂うヴォーカル、それぞれの強力な個性を生かした近未来型浮遊サウンドがますますパワー・アップ。行き先の予想も不可能な、エッジの効いたハードな快感のあるポップン・ロックが聴けるとのことだ。



■アルバム『After Intermission』

2019年1月11日(金)発売
レーベル:P-VINE
PCD-18860 ¥2,778(税抜き)

[tracklist]
1. Life Time (作詞:鈴木慶一 作曲:近藤研二)
2. 赤と緑のGood Bye (作詞:鈴木慶一、konore 作曲:鈴木慶一)
3. 徒花 (作詞・作曲:konore)
4. 夜は許してくれない (作詞:鈴木慶一 作曲:矢部浩志)
5. リニアの悪夢 (作詞・作曲:岩崎なおみ)
6. 物騒な休日 (作詞・作曲:岩崎なおみ)
7. 泥棒天国 (作詞・作曲:konore)
8. とり憑かれた少女 (作詞:岩崎なおみ 作曲:近藤研二)
9. in July (作詞・作曲:鈴木慶一)
10. すごろく (作詞・作曲:岩崎なおみ)

■<New Year Spark>

2019年1月13日(日) 新代田Fever
開場:17:30/開演:18:00
出演:Controversial Spark、キイチビール&ザ・ホーリーティッツ 他
チケット料金前売:3,600円(+1drink) 当日4,100円
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報