【ライブレポート】BAND-MAID、predia、BiSら10組出演、クラウン主催フェス大盛況

ツイート

音楽レーベル・日本クラウンが12月6日、初の主催フェス<CROWN Fes. Presented by LIVEDAM STADIUM>を東京・TSUTAYA O-EASTにて開催した。

◆ライブ画像(全26枚)

本公演には、同レーベルに所属するBAND-MAID、BiS1st / BiS2nd、UNCHAIN、磯部正文(from HUSKING BEE)、コレサワ、RAMMELLS、predia、FABLED NUMBERに加え、元PASSPO☆の増井みおによるバンド・BabooBeeがオープニングアクトとして出演。会場には1,000人を超える観客が集まった。

  ◆  ◆  ◆

「渋谷、始めるぞ〜!」と高らかに叫ぶN'Taici(B)のMCでフェスの幕を開けたFABLED NUMBER。彼らの持ち味であるEDMとラウドロックを融合したサウンドで、客席を一気にダンスフロアに変貌させると、インディーズ時代からの定番曲に最新ナンバーまでが次々と披露される。ひたすらアッパーかつハッピーなオーラを放ちながら歌うN'Eita(G&Vo)の日本人離れしたボーカルセンスが印象的だった。


女性アーティストのトップバッターとして登場したのは、現在2グループ制で活動しているBiS2nd。代表曲「BiSBiS」のイントロが流れると会場のボルテージが一気に跳ね上がる。同曲の振付を「C」「R」「O」「W」「N」と人文字で表現したほか、MCでキャプテンのムロパナコがレーベルの象徴である手製の“王冠”を身につけて登場するなど、レーベル愛を全身で表現する場面も。その後、クラウンからリリースした全シングル曲をパフォーマンスして破天荒アイドルとしての存在感をしっかりと示した。


続いて、平均年齢29歳の大人アイドル・prediaが登場すると、妖艶な雰囲気が会場を包み込む。最新シングル「カーテンコール」を皮切りに、ラテンリズムの「Hotel Sunset」、大きなステージで映えるアッパーな楽曲を立て続けにパフォーマンスし、メインボーカルの湊あかね、村上瑠美奈の圧倒的な歌唱力と色気が溢れる大人女子の魅力で艶やかさを加えた。


サブステージに登場したのは、紅一点、ボーカルの黒田秋子の特徴ある声と、ブラックミュージックを独自の解釈で噛み砕いた楽曲が持ち味のオルタナティヴ・バンド、RAMMELLS。2曲のみという短いステージにもかかわらず、抜群のテクニックに裏付けされたグルーヴィーな演奏で観客を揺らした。


舞台がメインステージに戻り、姿を見せたのは中高生を中心に支持されているシンガーソングライターのコレサワ。「あたしを彼女にしたいなら」からアップテンポの「バックアップ」で会場を一気にコレサワールドに染め上げ、YouTube再生回数が1,700万回を超える代表曲「たばこ」をしっとりと聴かせて、最後は1stアルバムのリード曲「SSW」で再び会場を沸かせステージを後にした。


再びのサブステージで、サウンドチェックでいきなり嶋大輔の「男の勲章」を歌い始め、客席を沸かせたのは磯部正文(from HUSKING BEE)だ。のっけから観客を自分のペースに巻き込むとそのまま本編に突入。この日共演したBiSのパン・ルナリーフィがミュージックビデオに出演した「夜と霧の中で」、HUSKING BEEの代表曲「Walk」などを味のある弾き語りで披露した。ステージの途中では、「子守で連れて来ました」と、磯部の娘がステージに現れて歌うという微笑ましいサプライズもあった。


次にメインステージに現れたのは、結成22周年を迎えた実力派ロックバンド・UNCHAIN。代表曲「make it glow」を披露すると会場はダンスフロアに。今回のフェスには新人が多く出演しているが、これまで積み上げてきたキャリアから生まれる巧みなスキルを見せつけ、「Super Collider」「Back To Zero」「Get Ready」と計4曲をパフォーマンスし、アダルトでありつつもアッパーなライブが終了した。


ファンの人気投票で所属を決める「BiS.LEAGUE」を開催中のBiSから、得票数上位メンバーで構成されたBiS1stがここで登場。キャプテンのゴ・ジーラが「クラウンの諸先輩方、大型新人、BiS1stです!」と絶叫しながらメジャーデビューシングル「WHOLE LOTTA LOVE」でいきなり会場をBiS一色に塗り替える。中盤に、パン・ルナリーフィがステージから落下するアクシデントがあったが、終始、心の奥底にある感情を抉られるようなBiSらしいライブで大型新人たる所以を証明した。


フェスのラストを飾ったのは、今や日本国内だけでなく、海外でも確かな人気を獲得し、ワールドワイドに活躍するメイドによるハードロックバンド・BAND-MAID。「クラウンフェス、声出せるよな!」という彩姫(Vo)の攻撃的な煽りとともにお給仕(ライブ)がスタートし、重厚なロックサウンドとテクニカルな演奏で観客を巻き込み、O-EASTをフェスティバル会場と変貌させる。ラストは、“世界征服”がテーマの楽曲「DOMINATION」で観客を圧倒。レーベルの隆盛をロックで祈願し、クラウン初の主催フェスを締めくくった。



撮影◎ヤマダマサヒロ(FABLED NUMBER、predia、UNCHAIN)、KENTA SOTOBAYASHI(BiS2nd、BiS1st)、小坂茂雄(コレサワ)、MASANORI FUJIKAWA(RAMMELLS、磯部正文(from HUSKING BEE)、BAND-MAID)

◆ライブ画像(全26枚)

セットリスト

■FABLED NUMBER
1.I Bet My Life (or Death)
2.AAO
3.Up All Night
4.The King

■BiS2nd
1.BiSBiS
2.WHOLE LOTTA LOVE
3.Don't miss it!!
4.アゲンストザペイン

■predia
1.カーテンコール
2.Hotel Sunset
3.SUPER WOMEN
4.禁断のマスカレード
5.The Call

■RAMMELLS
1. Sensor
2. Night Out

■コレサワ
1.あたしを彼女にしたいなら
2.バックアップ
3.たばこ
4.SSW

■磯部正文(from HUSKING BEE)
1.後に跡
2.夜と霧の中で
3.Walk

■UNCHAIN
1.make it glow
2.Super Collider
3.Back To Zero
4.Get Ready

■BiS1st
1.WHOLE LOTTA LOVE
2.I can't say NO!!!!!!!
3.SOCiALiSM
4.gives
5.Fly
6.アゲンストザペイン

■BAND-MAID
1.the non-fiction days
2.FREEDOM
3.glory
4.Play
5.DOMINATION
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス