キスマイ、映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』主題歌を担当

ツイート

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演を務める映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』主題歌を、Kis-My-Ft2が担当することが決定した。

このニュースは京セラドーム大阪にて本日12月8日よりスタートした、5年ぶりとなる冬のドーム公演<Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!>公演のMCでメンバーより発表された。

映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』はある日突然死んでしまった男(寿々男=トラさん)が猫の姿で家族の元に戻ってくるという、ファンタジーな世界観と温かいストーリーで人気を博したマンガ『トラさん』(板羽 皆/集英社マーガレットコミックス刊)の実写映画化となる作品。

この映画の主題歌となる「君を大好きだ」は、今回のために書き下ろされた心温まる珠玉のロックバラードで、作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治という強力タッグを迎えた楽曲。「ずっと君を大好きだ」というストレートな言葉が胸に沁み入るハートフルなラブソングとなっている。

映画プロデューサーの明石直弓氏も今回の主題歌に、「映画の最後にこの歌が流れると、寿々男の姿が蘇って愛おしくなりました。胸が熱くなり、大切な人には想いを伝えなくては、という気持ちになります」と語り、作詞を手がけた藤井フミヤ氏も、以下のコメントを寄せている。

「『メロディーから浮かんだイメージ』『映画の脚本を読んで得たイメージ』『キスマイのメンバーが歌っているイメージ』そして『キスマイのファンが聴いているイメージ』。それをひとつのハートにして『君を大好きだ』」

さらに、編曲の亀田誠治氏も、「切なさと明るさと力強さがキスマイと繋がっていくイメージでアレンジさせて頂きました。平成最後の名曲誕生の予感がします。」と楽曲を絶賛している。

この記事をツイート

この記事の関連情報