【ライブレポート/インタビュー】澤野弘之、初の上海単独公演で描いた色鮮やかなる音世界

twitterツイート

澤野弘之が、2018年12月6日に中国・上海で初の海外単独公演<澤野弘之 LIVE [nZk] in Shanghai>を開催した。

◆澤野弘之 画像

音楽は国境を越える。もはや使い古された言葉だが、今回上海で澤野のライブを観ていて、改めてこの言葉が真実であることを実感した。澤野の音楽は、国境を越え、海外の人々の心を震わせている。それは、ライブ中の観客の歓声の大きさや多数の手が振り上げられている光景のみならず、終演後に帰途に着くオーディエンスのたくさんの笑顔を見て、強く確信できたのだ。

この日、会場となった上海東方芸術センターは、ステージ後方と側面にも座席が設置されたクラシックコンサートホール。約2,000席のチケットは即日ソールドアウト。観客は上海のみならず、中国のほかの都市からも集まっていたという。現地時間の19時30分。ライブへの大きな期待感が会場を包み込む中、澤野にとっても、また現地の観客にとっても特別な公演の幕は、激しいシンセサウンドと明滅するライティングとともに開かれた。

オープニングを飾ったのは『青の祓魔師』のインスト曲「D + T」。サポートメンバーがステージに現れると、ダンサブルなサウンドをはじき出す。観客の興奮が徐々に高まっていくと、いよいよ澤野が登場。大きな歓声が上がる中、澤野は軽やかにピアノを奏でる。着席ではあったが、観客のほとんどはクラップや手を挙げるなどして、バンドの演奏に心地よく反応。冒頭からオーディエンスの熱量は高い。

2曲目は「The Reluctant Heroes」。『進撃の巨人』のリヴァイ兵長のテーマで、澤野の男性ボーカル曲の中でも特に人気のある曲の1つだ。ボーカルのmpiは、煽りを入れながら力強い歌声を聞かせる。メンバーは勢いを上げながら「Warcry」へ。グルーヴ感のあるサウンドで、会場のテンションをより高めていく。壮大なストリングスとヘヴィなギターリフが腹の奥底にまで響く「Hill Of Sorrow」では、青を基調にした照明でクールに魅せる。ロックシンガー然とした熱いパフォーマンスで、mpiはライブ序盤から観客の心をぐっと掴む。そんな彼の魂のこもったバトンを引き継いだAimee Blackschlegerは、疾走感のある「DOA」、叙情的なメロディを聞かせる「No differences」、ポップでUSロック感のある「Light your heart up」の3曲を表情豊かに歌い上げる。彼女の伸びやかな歌声は、このクラシックコンサートホールにマッチしていて、会場全体を包み込むように美しく響き渡っていた。

▲mpi

▲Aimee Blackschleger

ライブ中盤では、『終わりのセラフ』の主題歌「X.U.」、『機動戦士ガンダムUC』の挿入歌「EGO」、『Re:CREATORS』の第1期オープニングテーマ「gravityWall」、『機動戦士ガンダムUC RE:0096』のオープニングテーマ「Into the Sky」を一気に畳み掛けた。「X.U.」と「EGO」を担当したGemieは、力強さと繊細さが同居した歌声で大きな存在感を放ち、「Into the Sky」を歌唱したTielleはエモーショナルな旋律を説得力のある歌声で観客に届ける。2人の堂々としたパフォーマンスから、シンガーとしての成長が強く感じられた。

▲Gemie

▲Tielle

この日の公演には、日本での澤野のライブを手がけているサウンドチームとステージ制作チームも参加。上海の地でも、高い音楽性を放つ澤野のサウンドをステージ上で見事に再現していた。また、今回は大掛かりなステージ装飾はなかったが、色鮮やかなライティングがとにかく秀逸。ミュージシャンとシンガーのパフォーマンスを生々しくソリッドに魅せることに成功し、改めて澤野のバンドとシンガーの演奏力、表現力の高さを感じることができた。

ライブ本編は終盤に向けて、ギアを上げていく。歯切れのよいギターカッティングが楽曲をリードする澤野流“魔法少女”ナンバー「HERE I AM <2v-alk_v>」で、煌びやかなポップサウンドを響かせると、「ninelie」では澤野の真骨頂と言える壮大で幻想的な音世界を上海東方芸術センターに構築。「ninelie」は、イントロのピアノが奏でられた瞬間にこの日一番の大きな歓声が上がった。お台場の実物大ユニコーンガンダム立像のテーマソング「Cage」で、叙情的でスケール感のあるサウンドを放つと、本編の最後は『キルラキル』の挿入歌「Before my body is dry」を、Tielleが感情をたっぷりと込めて歌唱。音源ではDavid Whitakerによるラップパートを、この日はGemieが担当。彼女は、リリックを勢いよく重ねていく。この日本でも見たことがない予想外のボーカル編成に驚かされたが、「Before my body is dry」の新しいボーカルスタイルを提示する刺激的なパフォーマンスであった。


本編が終了すると、日本でもお馴染みの“野澤コール”によるアンコールが発生。上海にも[nZk]ライブのお約束が伝わっていることに思わずニンマリしていると、メンバーが再びステージに姿を現し、「Call your name」を披露。緩急のあるバンドサウンドに乗りながら、mpiが熱く、そして色気のある歌声を聞かせる。

“上海のみなさん、素敵です。大好きです。機会があれば、また会いたいです!”と澤野が語ったのち、最後に披露されたのは『Re:CREATORS』の第2期オープニングテーマ「sh0ut」。TielleとGemieはパワフルなシャウトを轟かせ、澤野を中心にしたバンドも濃密なサウンドを観客に届ける。

全出演者が揃ったカーテンコールが終わると、澤野だけが再びピアノのもとへ。音楽家・澤野弘之を天が祝福しているかのように白く輝く数本の閃光を受けながら、澤野はメドレー形式で「The Moment of Dreams」「LiVE/EViL」「GUNDAM」を、色彩豊かに奏でていく。観客は彼の美しい演奏から目を離すことはできない。中には感極まり、すすり泣く人の姿も。最後の1音が会場に放たれると、上海東方芸術センターには、2,000人全員の歓声と拍手が響き渡った。

“謝謝(シェイシェイ)、また会いましょう”という言葉と笑顔を残し、ステージをあとにする澤野。彼にとって初めての海外公演は、オーディエンスもミュージシャンも、そして澤野自身にとっても幸福感溢れる形で幕を下ろした。

澤野の次の海外公演はいつになるのか。そして、その時、彼は再びどのような美しい情景をステージ上に描いてくれるのか。この上海の夜は、国境を越える澤野弘之の音楽の力の強さを実感させ、彼の今後の海外活動への期待感を高めてくれるものであった。


取材・文:鈴木健也(BARKS編集部)
撮影:西槇太一

<澤野弘之 LIVE [nZk] in Shanghai>セットリスト

2018年12月6日
上海東方芸術センター

M01 D + T
M02 The Reluctant Heroes
M03 Warcry
MC
M04 Hill Of Sorrow
M05 DOA
M06 No differences
MC
M07 Light your heart up
M08 X.U.
M09 EGO
M10 gravityWall
M11 Into the Sky
MC
M12 Amazing Trees
M13 friends
M14 Wild War Dance
M15 Release My Soul
M16 Battle Scars
M17 HERE I AM <2v-alk_v>
MC
M18 ninelie
M19 Cage
M20 Before my body is dry

EN1 Call your name
EN2 sh0ut

EN3 Piano Solo(「The Moment of Dreams」「LiVE/EViL」「GUNDAM」)

◆終演後インタビューへ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス