ARTURIA初のオリジナル・ソフト・シンセ「Pigments」登場、ウェーブテーブル&ヴァーチャルアナログの2つのエンジンを搭載

twitterツイート

ARTURIAが20年間のシンセサイザー開発の集大成となる、パワフルなウェーブテーブルとヴァーチャル・アナログ・ソフトウェア・シンセサイザー「Pigments」をリリースした。2019年1月10日まで、無料で体験できる。

20年間にわたり歴史的なシンセサイザーを数多く分析し、そのエミュレーションを開発してきたARTURIA。そのノウハウを生かして作られたユニークなオリジナル「ARTURIA」ソフトウェア・シンセサイザーが、ポリクローム・ソフトウェア・シンセサイザー「Pigments」だ。非常にパワフルなアーキテクチャーと超高速ワークフローにより、これまでにないサウンドを作り出すことが可能。複雑なモジュレーションもカンタンですばやく、楽しく設定することができる。まずはおもな特徴を紹介しよう。

・ピッチ・モジュレーションをスケール(音階)でクォンタイズし、複雑なメロディ感のあるシーケンスを作成可能
・連続可変でモジュレーション可能なユニゾン機能、クラシックとコードの2モードを搭載
・ウェーブテーブル・オシレーターに多彩な波形加工機能を搭載し、エリアシングのコントロールも可能
・一般的なモジュレーション・ソースに加え、ターニングやバイナリ・ランダムジェネレーターなど特殊なソースも内蔵
・モジュレーターでゲート/リトリガーが使用でき、特殊なリズムシーケンスや、無入力でも自己発音するパッチを作成可能
・ランダムネス機能を活用したポリリズム的なシーケンスでも、スケール設定によりより音楽的なシーケンスが作成可能


▲2種のシンセエンジンを搭載。こちらはウェーブテーブル・エンジンの設定画面。3D表示(冒頭の画面)と2D表示が選択でき、音を視覚的に捉えることが可能。画面下はエンベロープ設定。

▲こちらは3オシレーター構成のヴァーチャルアナログ・エンジンの設定画面。画面下に表示されているLFOはフルカスタム可能。シンクやモジュレーションも自在にできる。

これだけでも「Pigments」がかなりユニークなシンセだということがわかるはず。続いて、詳細なスペックを見ていこう。まず、シンセエンジンは2種類を用意。ヴァーチャルアナログ・トリプルオシレーター・エンジンと、モーフィングやインポート機能を備えた多彩なウェーブテーブル・エンジンを同時使用可能。シンセのを特徴づける重要なパラメーターであるフィルターは2系統、豊富なタイプを用意した。V Collectionインストゥルメントで採用されたクラシック・フィルター、サージョンやコムなどの最新フィルターを備え、シリーズ/パラレルのルーティングを連続的に設定可能となっている。


▲エフェクトは2系統のインサートバスと1系統のセンド・バスを用意。各バスに13種のエフェクトから選択して使用する。エフェクトパラメーターはモジュレーションにシンクさせることも可能。

オールインワン・タイプのエフェクト・セクションは、オーバードライブ、パラメトリックEQ、ディレイ、ビットクラッシャーなど13種類のエフェクトを用意。インサートとセンドバスをドラッグ&ドロップで簡単に変更でき、全パラメーターはモジュレーション可能だ。そして、あらゆるものをあらゆるものでモジュレーション可能なのも大きな特徴。グラフィカル編集、ソース(変調元)ベースまたはデスティネーション(変調先)ベースでのエディットが可能。4系統のアサイナブル・マクロで複数のパラメーターを同時にコントロールすることもできる。

音色変化を理解するのに便利なヴィジュアル・インターフェイスも搭載。主要なモジュールのほとんどでグラフィカル表示ができ、音色変化を波形で確認できる。多彩で変化のあるフレーズが作り出せる、ポリリズム可能なシーケンサーとアルペジエイターも備えている。


▲サウンドに生き生きとした動きを付けるアルペジオやシーケンスを自在に作成可能。ランダム機能を控えめに使って、スケールから外れない程度にフレーズを変化させるといったことも可能。

音作りのテクニックを学べる膨大なプリセットライブラリも用意した。Jeremy Savage、Starcadian、Cubic Spline、Mord Fustang、Jörg Hüttnerなどの著名アーティストや熟練サウンドデザイナーによる数百種類のプリセットを内蔵する。

刺激的な新世代ソフトウェア・シンセサイザーを体験してもらうべく、発表から1カ月間、2019年1月10日まではPigmentsを無料で試すことが可能。また、同期間中は、発売記念価格として$149で購入が可能となっている(通常価格$199)。パッケージ版の発売時期、価格は追ってアナウンスされる予定だ。また、既存のARTURIA製品登録ユーザーとV Collectionオーナーにはそれぞれ特別価格で提供される。詳しくはARTURIAウェブサイト内のPigmentsオフィシャルページをチェックしてほしい。

製品情報

◆Pigments
ダウンロード版価格:$199 ※発売記念価格 $149(2019年1月10日まで)
パッケージ版価格・発売時期:未定
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス