小松菜奈&門脇麦W主演『さよならくちびる』、秦 基博とあいみょんが劇中曲をプロデュース

twitterツイート

秦 基博とあいみょんが、2019年5月に公開される映画『さよならくちびる』の劇中楽曲のプロデュースを担当していることがわかった。

小松菜奈と門脇麦がダブル主演を務める『さよならくちびる』は、『害虫』や『どろろ』『抱きしめたい -真実の物語-』などで知られる塩田明彦監督のオリジナル脚本による青春音楽映画だ。小松菜奈演じる“レオ”と門脇麦演じる“ハル”のギターデュオ、“ハルレオ”が歌う主題歌や挿入歌を、秦 基博とあいみょんのふたりが手がけているという。

秦は主題歌「さよならくちびる」、あいみょんは挿入歌「誰にだって訳がある」と「たちまち嵐」の作詞・作曲・プロデュースをそれぞれ担当。いずれも脚本を事前に読んで生み出されたという、本作のための書き下ろし楽曲となっている。ハルレオを演じる小松菜奈と門脇麦は数ヶ月のトレーニングを経て、実際に自らの歌とギターでこれらの楽曲を披露できるまでになり、ライブシーンの撮影を見事成功させたそうだ。

秦 基博とあいみょんは、次のようにコメントを寄せている。

   ◆   ◆   ◆

■秦 基博 コメント

最初に頂いた脚本にあった「さよならくちびる」という塩田監督の言葉を元に、小松菜奈さん、門脇麦さんの演じるハルレオの声、この映画の世界をイメージしながら曲を書きました。

今回、お二人とレコーディングさせて頂きましたが、お二人の、飾らない真っ直ぐな歌声によって「さよならくちびる」という曲は完成するのだと改めて感じました。

多くの方に、楽しんで頂ければ幸いです。

   ◆   ◆   ◆

■あいみょん コメント

『さよならくちびる』の脚本は、内容が身体に馴染むのが早かった気がします。
ライブハウスのあの酸素の薄い粉っぽさや薄暗さを思い出しました。
それと、自分なりに登場人物の心情を探るのも楽しかったです。
すぐに楽曲制作に取り掛かりました。

「たちまち嵐」
楽観的だけど、芯のある楽曲をイメージしました。
ぶつかりがちなハルとレオだけど、ふたりの出会いや今までの思い出が、気づかないところで互いを支えているんだなぁと感じましたし、旅人ハルにはレオという相棒が必然だった気がします。

「誰にだって訳がある」
皆それぞれ、理由があって今その場に立っていて、好きな物にも嫌いな物にもきっと理由がある。傷つくこと、泣きたくなることや嬉しくなることにも。
沢山の感情を背負って心臓を走らせ生きているハルとレオに、少し訳ありの歌を作りたいと思いました。

   ◆   ◆   ◆

彼らの思いのこもった書き下ろし曲を小松菜奈と門脇麦はどのように表現し歌っているのか、映画の公開を楽しみに待ちたい。

『さよならくちびる』

2019年5月 全国ロードショー
監督・脚本・原案:塩田明彦
キャスト:小松菜奈、門脇麦、成田凌 ほか
製作幹事・配給:ギャガ 制作プロダクション:マッチポイント
(C)2019「さよならくちびる」製作委員会 

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報