【レポート】BTS、Wanna One、TWICEら集結した<2018MAMA>、進化するK-POPを象徴

twitterツイート


12月12日(水)にさいたまスーパーアリーナにて、アジア最大級の音楽授賞式<Mnet Asian Music Awards(MAMA)>の日本公演にあたる<2018 MAMA FANS’ CHOICE in JAPAN>が盛大に執り行われた。

この<2018 MAMA>とは、韓国100%のエンターテインメント・チャンネル「Mnet」や日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ ENMが主催し、今年2018年は日本以外に12月10日(月)に韓国、14日(金)に香港という計3地域で実施されている。10回目を迎える<MAMA>は、1999年に<Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)>としてスタートし約10年間は韓国国内で開催されたが、2009年より名称を<Mnet Asian Music Awards(MAMA)>に変更すると、その後は2010年のマカオでの開催を皮切りに、2011年にシンガポール、2012年〜2016年は香港、2017年にはベトナム・日本・香港と様々な地域で展開されてきた。そうして<MAMA>は、単なる授賞式ではなく、韓国の音楽産業の繁栄を伝える場として広く存在感を強めてきた。

実際に初めて現場に足を踏み入れると、場の空気の華やかさに驚く。本公演の前に17時よりおこなわれたレッドカーペット・イベントの前からすでに10代〜20代の女性を中心とした熱狂的な空間がさいたまスーパーアリーナ付近一帯に広がっていて、日本語、韓国語、中国語、英語など様々な言語が飛び交っていた。全世界にブームを巻き起こしているBTSをはじめとし、Wanna One、TWICE、MONSTA X、GOT7、Stray Kids、NU’EST W、MAMAMOOなど、まさに今をときめくK-POPアーティストが出演するのだから当然だろう。日韓合作プロジェクト「PRODUCE48」から誕生した話題のIZ*ONEも日本で初めてライブパフォーマンスを披露するのだ。また、日本公演でホストをつとめ「国民の彼氏」として親しまれているパク・ボゴムら俳優陣の登場も、<MAMA>のエンターテイメント性を演出していた。さらに日本からは、『孤独のグルメ』で韓国でも知られているという俳優の松重豊が出演し、レッドカーペット・イベントでも「東京から埼玉に来たはずなのに、アジアのマーケットに来たよう……楽屋にはキムチのいい匂いもするし…僕は場違いではないのだろうか?」といった冗談を交じえながら参加の喜びを語っていた。













約90分に及んだレッドカーペット・イベントでは、<MAMA>とは「ファンと共に作っていく祭典」であることが強調された。「We are K-POP」というスローガンもオーディエンスを交えて発声され、K-POPならではの一体感をあらためて確認する。日本では現在、第三次韓流ブームなどと謳われているが、K-POPは一大エンターテイメントとして存在していた。尚この日の模様も、Mnetとアジア主要地域チャンネルで生放送され、Mwave、YouTube、Naver TV、V LIVEを通して世界中200カ所の地域でオンライン視聴された。

レッドカーペットには前述のビッグアーティストが次々と登場したが、絶叫のような大声援に包まれたWanna Oneが「世界中のWannableに向けて愛嬌の顔を!」というリクエストに応えた時にさらなる黄色い声が飛び交ったのを筆頭に、K-POPにおけるアーティストとファンの関係性は非常に強く、絆という言葉すら似合う。大型サバイバル番組『PRODUCE 101 シーズン2』で国民プロデューサー達に育成され、なおかつ2018年12月までの期間限定で活動を予定しているということもあり、Wanna Oneの熱狂ぶりはとにかくすさまじかった。さらには、本公演の授賞式で「Worldwide Icon of the Year」の受賞コメントの際にBTSのジンが「AR〜MY〜!!」と開口一番で叫んだこともその象徴のように思われた。アーティストの活動とそれに対するファンからの期待は、互いのエネルギーを常に強く交換し合っているかのようである。勿論そこにはゴールはない。絶え間ない緊張の瞬間と引き換えにアーティストは、世界中の人々の生きがいにすら成り得るのだろう。そんなことも、この日あらためて感じられた。

そんなK-POPの祭典である<MAMA>を夢の舞台とするアーティストが実に多かったことも印象深い。2018年にデビューしてから急躍進しているボーイズグループのStray Kidsは、「練習生の頃から<MAMA>に出ることが夢だった」「特別に準備したバトルステージを楽しみにしてください」とレッドカーペットで意気込みを語った。また韓国アーティスト以外にも、「Favorite Dance Artist Japan」を受賞し出演した超特急は、「まさか僕たちが、こんな素晴らしい賞を受賞できるなんて思っていなかったので、本当に夢の気分ですし、とても光栄です」「K-POPが大好きで歌もダンスもコピーしています」「I LOVE <MAMA>!」と、愛情を伝えていた。



◆【本公演】レポートへ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス