デイヴィッド・リー・ロス、ヴァン・ヘイレンの新公演について口を滑らす

twitterツイート

デイヴィッド・リー・ロスが「俺のロック・バンドはヤンキー・スタジアムでプレイする」と話したことから、ヴァン・ヘイレンが来年、久しぶりに公演を開くのではとの憶測が流れた。

◆デイヴィッド・リー・ロス画像

彼は『Vulture』のインタビューで、5年前に制作したショート・フィルム『Tokyo Story』について話している際、「(彼や制作チームは)金のことは気にしていない。だってほら、俺のロック・バンドは次に、ヤンキースがプレイするのと同じ場所でプレイするから」と話した。

それに、インタビュアーはすぐさま、「ヴァン・ヘイレンが来年の夏、ヤンキー・スタジアムでプレイすると言っているのか?」と反応。マズイと思ったのか、ロスは、「ああ、でも、ダメだ…。ここで録音中に何か言ったら、みんな、“おお、リークだ…”とかなるだろ。でも、バンドは……、言えない」と、曖昧な答えを返した。

しかし、さらに強いられた彼はこう明かした。「この公演に参加しないかって、俺が同僚に声をかけたってことは言える。メタリカ、ガンズ・アンド・ローゼズ、ジェイソン・アルディーン、フー・ファイターズ、チャーチ、ステイプルトン…。みんな、それがあるなら、もちろん関与するって言ってた」

それ以上の詳細は明かさず、「フェスティバルになるのか?」との質問には、「いいや」と答えた。

ロスはまた、インタビューの最中、「夏に街に戻ってきたとき、俺らはオリジナルなことをやる。多分、どこかスポーツ関連の場で、誰か有名な人と。君らのためにチケット、取っておくよ」とスタッフに声をかけていたという。

ヴァン・ヘイレンは2015年10月に北米ツアーを終えて以来、ライブ・パフォーマンスしていない。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報