ロックの殿堂入りが決まったザ・キュアー、10年ぶりの新作をリリース予定

ツイート

2019年にロックの殿堂入りすることが決まったザ・キュアーは、その年、約10年ぶりとなる新作のリリースを計画しているそうだ。

◆ザ・キュアー画像

フロントマンのロバート・スミスは、SiriusXMのインタビューでこう明かした。「(今年彼が監修した)Meltdownフェスティバルのおかげだ。新しいバンドたちを見ていて…、彼らの音楽を聴き、彼らと会い、ある種、僕は何か新しいことをやろうってインスパイアされた。だから、ああ、僕ら6週間後くらいに、10年以上ぶりとなるアルバムの完成にかかるつもりだ。あらゆる点で僕らにとってすごくエキサイティングな時期だ」

ザ・キュアーの新作は、2008年に発表した『4:13 Dream』以来となる。

ザ・キュアーは2012年度に次ぐ2度目のノミネーションで、殿堂入りが決まり、唯一のオリジナル・メンバーであるロバート・スミスをはじめ、現ラインナップのサイモン・ギャラップ、ロジャー・オドネル、ジェイソン・クーパー、創設メンバーのポール・トンプソン、マイケル・デンプシー、ロル・トルハースト、1990年から2005年まで在籍していたペリー・バモンテ、3代目ドラマーのボリス・ウィリアムスの計9名が殿堂入りする。

オドネルは、同じくSiriusXMのインタビューで、ロックの殿堂について「ボーナスみたいなものだ。ちょっとヘンな感じで、まだ身に染みていない」が、「まずはファン、そして業界、君ら、ロックの殿堂に認められたのはとてもいいことだ」と話した。

2019年のロックの殿堂セレモニーは、3月29日にニューヨークで開催される。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報