タッキー&翼が緊急復活、『8時だJ』同窓会SPで特別メドレー披露

ツイート

今井翼が、12月29日(土)放送のテレビ朝日系『超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ』に出演することがわかった。滝沢秀明と共に、タッキー&翼のヒット曲「Venus」「愛はタカラモノ」をスペシャルメドレーで披露するという。

1998年4月から1999年9月にかけて放送された『8時だJ』は、ジャニーズJr.がメインを務め、体を張ってさまざまな企画に挑戦し人気を集めたバラエティ番組だ。今回は番組終了から約20年という節目に合わせて、滝沢秀明、嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純らが再結集。当時ジャニーズJr.のリーダー的存在だった滝沢の引退を前に、一夜限りの夢の同窓会企画が実現する。

番組終盤、司会のヒロミが「みんなのリーダーである滝沢の歌で番組を締めてもらおう」と提案すると、滝沢は「“同窓会”ということなので、僕ひとりで歌うよりも……と思って、特別な人を呼んでいます」と、デビュー以来16年間、デュオとして一緒に歩んできた今井を紹介。彼らはメンバーに見守られながら、万感のパフォーマンスで番組を締めくくる。

ふたりでパフォーマンスを披露するのは、2017年9月に放送された『MUSIC STATION ウルトラFES』以来となる。今井は「緊張しました! 貴重な時間でした。本当にありがとうございました」と、青春時代を共にした仲間たちの前での歌唱を振り返りながら、「『8時だJ』ももちろんですが、僕たちが最初にレギュラーとして出演させていただいたのが、ヒロミさんが司会の『はなきんデータランド』でした。僕たちのデビュー特番もテレビ朝日さんに組んでいただいたりと、節目にたくさんお世話になってきたので、最後にふたりで歌わせていただくことができて本当にうれしかったです」とコメントを残している。

一方、滝沢も「当時の『8時だJ』のスタッフの皆さんが動いてくださって、大同窓会が実現しました。そして何より、20年前からずっと応援してくれたファンの皆さんの声があったからこそ、この企画は実現しました」と感謝の言葉を述べ、「これからはジュニアたちに気持ちをのせて、頑張っていきたいと思います」と、力強く今後への決意を語っている。タッキー&翼としては、この番組が最後のバラエティ出演になるという。

『テレビ朝日開局60周年記念「超豪華!! 最初で最後の大同窓会!8時だJ」』

2018年12月29日(土)20:54~22:30
[出演]
出演:滝沢秀明、嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純 / 今井翼
MC:ヒロミ
進行:弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
芸能人チーム(※50音順):片瀬那奈、澤部佑(ハライチ)、柴田理恵、陣内智則、関根勤、高橋真麻、ホラン千秋、三田寛子、山崎弘也(アンタッチャブル)
テレビ朝日系列24局で放送

この記事をツイート

この記事の関連情報