星野源×マーク・ロンソン、ダブル・ヘッドライナー・ショーが大盛況で終了

twitterツイート
Photo (C) Masanori Naruse

マーク・ロンソンと星野源による一夜限りのダブル・ヘッドライナー・ショー<LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson>が、12月17日(月)、千葉・幕張メッセ 国際展示場 ホール 9~11にて開催された。マーク・ロンソンにとっては約2年ぶりの来日、星野源にとっては2018年唯一のライブ出演となるスペシャル公演だ。

◆<LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson>画像(13点)

先攻は、2019年に新作をリリース予定と伝えられるマーク・ロンソン。時に日本語のMCも交えながら、11月末に発表されたばかりの新曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート feat. マイリー・サイラス」や日本でも大ヒットを記録した「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」などの人気曲を盛り込んだ鮮やかなプレイでフロアを大いに盛り上げた。




Photos (C) Masanori Naruse

続いて登場した星野源は、2017年のツアー<Continues>でも披露された「Firecracker」からライブをスタート。続けざまに「地獄でなぜ悪い」や「桜の森」を届け、ニューアルバム『POP VIRUS』にも収録されている「肌」をライブ会場では初めてパフォーマンスするなど、2万人の熱をさらに高めていく。ところどころでマーク・ロンソンとのツーマンライブが実現できたことへの感謝の思いを込めつつ、「久しぶりのライブ、めちゃくちゃ楽しい!」というMCを挟んでの「恋」~「SUN」、最新楽曲「アイデア」で会場の熱気もピークに。「Friend Ship」で本編を締め括ると、アンコールではダンサブルな「Week End」で沸かせ、年末のスペシャル・ショーは大盛況のうちに幕を閉じた。





Photos by 西槇太一

<LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson>

2018年12月17日(月)千葉・幕張メッセ 国際展示場 ホール 9~11
■星野源 セットリスト
01. Firecracker
02. 地獄でなぜ悪い
03. 桜の森
04. Night Troop
05. 肌
06. Snow Men
07. 恋
08. SUN
09. アイデア
10. Friend Ship

En. Week End

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス