全米アルバム・チャート、故XXXTentacionのサード・アルバムが初登場1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、6月に亡くなったXXXTentacionが生前制作しており、彼の死後初めて発表されたアルバム『Skins』が初登場で1位に輝いた。彼にとって前作(今年3月にリリースされた2枚目のスタジオ・アルバム)『?』に続く2枚目の全米No.1アルバムとなった。

◆『Skins』画像

先週トップに初登場したミーク・ミルの『Championships』は2位に後退。マイケル・ブーブレが2011年にリリースしたクリスマス・アルバム『Christmas』が5位から3位へ浮上した。同アルバムはリリースされた年、5週間1位を獲得。その後毎年この時期、トップ10入りしているが、トップ3をマークするのは2012年12月以来となる。

今週は、XXXTentacionほか、ラッパー、グッチ・メインの13枚目のスタジオ・アルバム『Evil Genius』(5位)、ジョン・メレンキャンプの『Other People’s Stuff』(7位)が新たにトップ10入りしている。

また、続々とアワーズの候補に挙がるレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが7位から4位へ再浮上した。映画は日本で今週(12月21日)より劇場公開される。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報