ザ・ウィークエンド初来日公演、米津玄師をゲストに迎え熱狂のうちに終了

ツイート
Photo (C)Masanori Naruse

ザ・ウィークエンドの初来日公演<The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN>が12月18日、千葉・幕張メッセにて開催された。

◆<The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN>画像(6点)

待望の日本初ステージを目撃すべく詰めかけたファンたちの熱気に包まれる中、まずはスペシャル・ゲストの米津玄師が登場する。CMソングとしても話題の最新曲「Flamingo」で一気に会場を魅きつけた米津は、アップチューンでその熱を高めると、色彩豊かな映像演出を背負って「春雷」を披露。MCでは「チケットを買って来ようと思ったのに、ここに立つことになるという不思議なことになっていて、続けていると本当にいいことがあるなぁという。世界的なアーティスト、ザ・ウィークエンドのライブにお邪魔させてもらえるというのは、これ以上ない光栄なことだと思うので、あと数曲精一杯やって帰るのでお付き合いいただけたらと思います」と、リスペクトを覗かせながら思いを語った。後半には「Moonlight」「fogbound」などR&Bやトラップのテイストを取り入れたサウンドで会場の雰囲気を一変させ、最後は2018年を象徴する楽曲となった「Lemon」を届けてザ・ウィークエンドへバトンを繋いだ。


Photos by 中野敬久

会場が暗転し、無数のライトに照らされたステージにザ・ウィークエンドことエイベル・テスファイが登場すると、場内はこの日一番の歓声に包まれる。記念すべき日本初ライブの幕開けを飾ったのは、映画『ブラックパンサー』に使用された「プレイ・フォー・ミー」だ。その後も「スターボーイ」「キャント・フィール・マイ・フェイス」など代表曲を連打して会場を揺らし、時に大きなシンガロングを巻き起こしていった。

Photo (C)Masanori Naruse

ステージを所狭しと動き回り、「ジャパン!」「トウキョー!」とシャウトしながら、“マイケル・ジャクソンの再来”とも称された美しい歌声と圧倒的なパフォーマンスで幕張を熱狂の渦へと誘ったエイベル。最後は『ビューティー・ビハインド・ザ・マッドネス』(2015年)からの大ヒット曲「ザ・ヒルズ」で締めくくり、初来日公演は大盛況のうちに幕を閉じた.。

Photo (C)Masanori Naruse

<The Weeknd ASIA TOUR LIVE IN JAPAN>

Special Guest 米津玄師
2018年12月18日(火)千葉・幕張メッセ 国際展示場ホール 9~11

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス