デフ・レパード、ロックの殿堂入りの知らせをツアー・バスの中でお祝い

twitterツイート

デフ・レパードは先週、スコットランド・グラスゴーでの公演を終え、翌朝、次の公演地マンチェスターへ向かい移動しようとしていたとき、ロックの殿堂入りが決まったとの知らせを受けたという。

◆デフ・レパード画像

フロントマンのジョー・エリオットは、そのときのメンバーの反応についてThe Pulse Of Radioにこう話した。「俺ら、知らせがあったときグラスゴーにいた。それで、俺ら全員がバスに乗り込んだとき、“ヘイ、殿堂入りした奴。どんな気分だ?”なんてやり取りがいっぱいあった。朝10時、起きたばかりで、ハイ・ファイヴやハグするのが精一杯だったよ。映画とは違う。シャンペンもバルーンもなかった」

「ツアー中だったし、俺ら、わりと冷静に受け止めた。その日の伝達の1つ、俺らがやらなきゃいけないたくさんの事柄の1つって感じだった。でも、“やったぜ、スゴイ!”っていうのはあった」

デフ・レパードは、12月13日、殿堂入りが公式に発表されてすぐ、「正式に、俺ら、2019年@rockhallに入る。俺らのファン&ロック・ホール委員会、ありがとう! 素晴らしい年のなんて締めくくりだ」とつぶやき、エリオットが「ガイズ&ガールズ、みんな、俺たちに投票してくれてありがとう。俺ら、殿堂入りすることになった。3月、(セレモニーに)行くよ。君らが投票してくれたんだから。ありがとう」と話す映像を公開した。

デフ・レパードは現メンバーのジョー・エリオット(Vo)、リック・アレン(Ds)、ヴィヴィアン・キャンベル(G)、フィル・コリン(G)、リック・サヴェージ(B)に加え、元メンバー2人、オリジナル・ギタリストのピート・ウィリスと1991年に亡くなったスティーヴ・クラーク(G)が殿堂入りする。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス