【レポート】LUNA SEA、<IMAGE or REAL>再現ライヴで「進化してるからさ」

ツイート

LUNA SEAが12月22日、さいたまスーパーアリーナにて<LUNATIC X'MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary->の初日となる公演“IMAGE or REAL”を開催した。

◆LUNA SEA 画像

12月22日および23日は恒例のLUNA SEAのクリスマスライヴとしてすっかりファンに認知されているが、2018年は30周年イヤーに向けてのプロローグ的企画。初日はメジャーデビューアルバム『IMAGE』を携えての全国ツアー<IMAGE or REAL>(1992年)を、2日目は2ndアルバム『EDEN』を携えての全国ツアー<SEARCH FOR MY EDEN>(1993年)を再構築するというスペシャル且つ挑戦的なライヴだけあって、当時からのSLAVEはもちろん、映像でしか見たことがないSLAVEをザワつかせていた。

チケットが入手できない人が続出したのは言うまでもないが、初期のゴシック、パンク、プログレッシブロック色が強く内省的で攻撃性も兼ね備えたアルバム『IMAGE』のツアーを今の5人で具現化した初日のライヴは想像を超えるものであった。


客電が落ち、紗幕にLUNA SEAの当時のライヴDVDのジャケットの少女の顔が映し出され、SEにいつも使われていたケイト・ブッシュの懐かしい曲が流れるオープニングからしてスーパーアリーナは“ここまでやってくれるのか”とばかりに大興奮。ステージに登場したRYUICHIは修道僧のごとく黒のフードを目深にかぶり、メンバー全員、黒が基調。フードをとったRYUICHIがエクステンションを付けていたり、Jが長髪にバンダナだったり、真矢が貴公子のような衣装を着ていたりとヴィジュアルも期待を裏切らない。

いきなり、「Dejavu」で幕を開け、特攻とともにはじけるアクト。SUGIZOが上手へJが下手スロープへと散り、RYUICHIとINORANが向かい合って大歓声に揺れるさいたまスーパーアリーナ。1曲の中でこれほど多くの見せ場を作るバンドはなかなかいないと思っていると、Jのベースがフィーチャーされるビートのキレが生命線の「MECHANICAL DANCE」を投下。2曲目にして場内は沸騰状態だ。エンディングで真矢のスティックが宙を飛んだ。


「みんな元気ですか? 今夜は“IMAGE or REAL”だからね。俺たちもリハーサルから、約20年以上トリップして。昔のライヴ映像とか見て(当時の)声を聴いて、“これ再現するの無理かも!?”と思いながら(笑)。でも、進化してるからさ」──RYUICHI

RYUICHIの言葉のとおり、アルバム『IMAGE』の楽曲がほとんど演奏された初日のライヴは、単なる過去の再現ライヴではない。スキルは言うまでもなく、今のLUNA SEAの放つ光やエナジーが注入されたライヴであった。それでいて1992年当時のLUNA SEAと今のLUNA SEAが確かに1本の線で繋がっていることを感じさせてくれる楽曲とアクト。ライヴに向けて改めて『IMAGE』をじっくり聴いてみたが、20代前半のメンバーが生みだした作品とは思えないほど構築度が高く、メジャー1stアルバムにしてすでにバンドのアンサンブル、世界観が確立されていると感じた。孤独感や閉塞感を表現してもアルバムの最後が希望へと向かう「WISH」で締められていることも、バンドの道筋を示唆しているかのようだった。


イントロで“うおぉぉぉぉ!”という歓声が上がった「IMITATION」では狂喜する客席にRYUICHIがマイクを向けてのかけあいも。“まさか、やってくれるとは思わなかった”というリアクションに沸いたシャッフルナンバー「IN MIND」ではSUGIZOが艶やかなギターソロを響かせた。そしてオーロラのような美しい照明の中、鳴らされた幻想的で美しい「Image」。レアなナンバーが時間を巻き戻していく。華と安定感を兼ね備えた真矢とJのビート、INORANのアルペジオに絡むSUGIZOの浮遊感のあるギター、RYUICHIの説得力のカタマリのようなヴォーカル。5人の個性、ポジショニングを基盤に進化していったバンドの歴史をこういう形で目の当たりにできるとは思わなかった。

復活後にも演奏されてスケール感を増し、異世界に連れていかれる感覚を覚えるナンバー「SANDY TIME」はかつてない色鮮やかな演出の中で演奏された。そしてステージに再び沙幕が降りて奏でられた「WALL」は、今のLUNA SEAに通じる伸びやかなメロディが際立つミドルチューン。白い壁に囲われるような歌詞は切ないが、SUGIZOの小気味いいギターカッティング、雪の結晶のように響いたINORANのアルペジオにRYUICHIの声が重なり、やがてSUGIZOがヴァイオリンを奏でて、そのシルエットが幕に映し出されるエンディングはまさに再構築。集まったSLAVEの心を震わせることになった。

「VAMPIRE’S TALK」などアルバムの濃厚な曲たちが披露されると、“このリズム隊が土台にしてLUNA SEAあり”の真矢のドラムソロ、Jのベースソロセクションが場内を熱くさせ、ライヴはいよいよ佳境へ。


「30年間、この5人で走ってきて一度立ち止まったことはあったけど、その空白の10年もきっとすごくすごく心の深いところでは繋がってたのかなと思ってます。そして、今日来てくれた中にもその10年をしっかり支えてくれた仲間たちがいて、今の俺たちがあるんだなとホントに感謝してます。ありがとう。今日は22日だけど、LUNA SEAのクリスマスだよね」──RYUICHI

そんな言葉のあとはLUNA SEA初の東京ドーム公演で初めてカヴァーされた「White Christmas」が披露され、「I for You」へと移行するロマンティックセクション。

後半戦は今のLUNA SEAの曲へと移行していくのかと思いきや、まさかの『IMAGE』収録曲の最速ハードコアナンバー「SYMPTOM」を投下し、別人のごとくRYUICHIは凶悪なシャウトで場内をカオスの空間へ。ここからの追い込みがまた凄まじく、「PRECIOUS…」では、まさに“プレシャス(※貴重な / 高価な)”としか言いようのない光景が広がり、笑顔でアイコンタクトをとりながらも、緊張感をキープし続ける熱量は本当に30周年を迎えるバンドなのか?と思うほど。そのままLUNA SEA原点の「TIME IS DEAD」へとなだれこみ、高速のスピードで光を舞い上げるようなSUGIZOのギターソロも圧巻。もちろん、おなじみの4人が集結する場面も場内をエキサイトさせ、ラストは銀テープが勢いよく発射された「WISH」で本編の幕を閉じた。


アンコールでは月日が流れても変わることのない「きよしこの夜」をみんなが歌う声がさいたまスーパーアリーナを浄化するごとく響きわたり、RYUICHIが「誰が始めてるの? みんな練習してないでしょ? カウントもないのにすごいよね。いつも。誰かものすごく声のデカいヤツいるの?」と笑顔。

SLAVEたちからのクリスマスプレゼントに応えるようにLUNA SEAを象徴する神秘の名曲「MOON」が披露されると再び“うおぉぉぉぉ!”という歓声が沸き起こった。続いて最新アルバム『LUV』からリード曲「Hold You Down」がハンドクラップの中、ガラリと場面を変えるようなクラブ仕様の光の演出とともに贈られた。

メンバー紹介では真矢とJが言葉を発さなかったため、煽ったINORANがRYUICHIに「もう一言」と振られることになり、「“IMAGE or REAL”の時代、僕、しゃべってなかったので」と爆笑させつつ、ハイテンションで場内を熱くさせるひとコマも。SUGIZOは生声で「さいたま! メリークリスマス!」と叫び、大歓声を浴びた。最後にRYUICHIを紹介したのはINORANで、途中からSUGIZOも加わり、ふざけて交互に言葉を区切ってみたりと和気藹々ムード。


アンコール後半はLUNA SEAを鉄壁のライヴバンドに押し上げたナンバー「ROSIER」でクライマックスへ導き、SLAVEの大合唱となった「TONIGHT」ではタメの部分でINORANが全力で煽りまくり、おなじみのギターストロークに。そのテンションを加速させるようにRYUICHIが下手、上手のスロープを全速力で駆け抜けたのも“久々に出た〜!”とばかりに場内大興奮。想像と期待を軽く上回るライヴは幕を閉じた。

「PRECIOUS…」の歌詞のように“あの時には戻れない”。

これはメジャーデビューという節目の中、いろいろなものと戦い、ギラギラしていたLUNA SEAの再現ライヴではない。しかし、瞬間瞬間を駆け抜けてきた彼らが生みだしてきた何ものにも媚びていない楽曲へのリスペクト、熱量は何ら変わっていない。結果、今のLUNA SEAが最強だと思わせてくれるライヴへと変換してみせたバンドのポテンシャルの高さに驚かされた。そして、これはたぶん、30周年に向かう布石に過ぎないのだ。

取材・文◎山本弘子
撮影◎LUNA SEA Inc.

■<LUNA SEA LUNATIC X'MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- IMAGE or REAL>2018年12月22日(土)@さいたまスーパーアリーナSETLIST

01. Déjàvu
02. MECHANICAL DANCE
03. IMITATION
04. IN MIND
05. Image
06. SANDY TIME
07. WALL
08. VAMPIRE'S TALK
09. Dr.Solo & Bass Solo
10. FATE
11. White Christmas〜I for You
12. SYMPTOM
13. PRECIOUS...
14. TIME IS DEAD
15. WISH
encore
en1. MOON
en2. Hold You Down
en3. ROSIER
en4. TONIGHT

■<LUNA SEA LUNATIC X'MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- SEARCH FOR MY EDEN>2018年12月23日(日)@さいたまスーパーアリーナSETLIST

01. JESUS
02. Déjàvu
03. ANUBIS
04. STEAL
05. LAMENTABLE
06. RECALL
07. Providence
08. Claustrophobia
09. Dr.Solo & Bass Solo
10. BLUE TRANSPARENCY
11. White Christmas〜I for You
12. STAY
13. IN MY DREAM
14. TIME IS DEAD
15. BELIEVE
encore
en1. HOLY KNIGHT
en2. BLACK AND BLUE
en3. ROSIER
en4. WISH



■<LUNA SEA The 30th Anniversary SLAVE限定GIG 5.29 Zepp Tokyo>

2019年5月29日(水) Zepp Tokyo
※SLAVE会員限定無料LIVE
※詳細はSLAVE OFFICIAL WEBにて順次公開
https://www.lunasea-slave.jp

■<LUNA SEA The 30th Anniversary Special Live 日本武道館 2days 2019. 5.31, 6.1>

2019年5月31日(金) 東京・日本武道館
OPEN17:30 / STAR18:30
2019年6月01日(土) 東京・日本武道館
OPEN16:00 / START17:00
▼チケット
全席指定 ¥9,800(税込)
2階後方立見 ¥9,800(税込・整理番号付)
ファミリーシート 大人¥9,800(税込)・高校生以下¥2,200(税込)
SLAVE VIPシート ¥50,000(税込) ※一般発売はございません
SLAVEシート ¥21,600(税込) ※一般発売はございません
※3歳以上有料 ※座席はステージ横、後方を含みます
一般発売日:2019年4月20日(土)
(問)キョードー東京 0570-550-799
【SLAVEチケット先行販売】
2018年12月25日(火)正午よりスタート
https://www.lunasea-slave.jp

この記事をツイート

この記事の関連情報