ガンズ・アンド・ローゼズ、『Chinese Democracy』は3部作のはずだった

twitterツイート

元ゲフィン・レコードのA&Rによると、ガンズ・アンド・ローゼズが2008年に発表したアルバム『Chinese Democracy』は3部作になるはずだったという。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

バンドのA&RだったTom Zutautは、『Billboard』誌にこう明かした。「アクセル(・ローズ)の最終目標は、もっとモダンなアルバムを作る、ガンズ・アンド・ローゼズをもっとモダンなバンドにするってことだった。でも、ファンはそれを受け入れないだろう」「これを知る人は多くはないが、『Chinese Democracy』は3部作の予定だったんだ」

アルバムの制作に参加したトミー・スティンソン(B)も「あのアルバムは1ディスクになるはずではなかった」と話し、Zutautの発言を裏付けた。

『Chinese Democracy』のセッションでは、一部完成した曲が少なくとも60くらいあったと噂されている。

また、Zutautによると、ガンズ・アンド・ローゼズではなくアクセルのソロでこのアルバムを発表するよう勧めたが、「彼はまだその準備ができていなかった」という。

ガンズ・アンド・ローゼズはいま、スラッシュ、ダフ・マッケイガンと共に『Chinese Democracy』に次ぐニュー・アルバムの制作が期待されている。リチャード・フォータス(G)は最近、「俺は、みんなが思っている以上にそれは早く起きると思う」と話した。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報