安彦良和が描くサッポロビール『箱根駅伝』CM、楽曲はBUMP OF CHICKEN「ロストマン」

ツイート

BUMP OF CHICKENの「ロストマン」を起用したサッポロビールの“第95回箱根駅伝用オリジナルCM”年始特別バージョンが、1月2日(水)、3日(木)の日本テレビ系『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走』にて放映される。

◆CM画像、関連動画

『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』と題された同CMには、2018年にマラソンの日本記録を更新した2人の箱根駅伝OB、大迫傑選手(ナイキ・オレゴン・プロジェクト)と設楽悠太選手(Honda)が出演。本人インタビューをもとに構成されたナレーションや、『機動戦士ガンダム』などで知られるアニメーター・安彦良和の描き下ろしによる線画アニメーションと共に、両選手の陸上に対する思い、そして箱根駅伝に対する思いを描いていく。




CMソングに起用された「ロストマン」は、BUMP OF CHICKENが2003年に発表したバラードナンバーだ。博報堂DYメディアパートナーズの林希氏は、同曲について「「ロストマン」は過去の自分と決別して、自分の夢に向けて新しい一歩を踏み出した男の曲だと感じました。だから、“箱根駅伝のスターだった2人も新しい一歩を踏み出して、もっと大きな目標に向けて今でも挑戦し続けている”といったCMのテーマをシンクロして、ストーリーに深みをもたらしてくれるに違いないと考えたのです。このCMには「ロストマン」しかないと思っています」とコメントを寄せている。


▲BUMP OF CHICKEN

なお、安彦良和がCM作品を手がけるのは本作が初とのこと。本編映像の公開に先立って、場面カット画像とともに視聴者へ向けたメッセージも公開された。

   ◆   ◆   ◆

「現役時代にも一度もやらなかったCMを今回やってしまいました。(「やらない」って決めていたんですよ。じつは。)それが何故っていえばやはり「あの“箱根駅伝”で、正月に全国に流れる」っていうことの魅力かな。それと、幸いちょっと時間があったこと。「線画でいく」っていわれたこと。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』というアニメをやったことで気持ちがちょっとアニメに帰って来ていて、家に用紙とかが一揃いあったこと……そんなことがいろいろ重なりました。やって良かったと思います。実写の大迫君や設楽君が格好いいですがアニメも邪魔していないと思います。お楽しみ下さい」──安彦良和


   ◆   ◆   ◆

オリジナルCMは、サッポロビールのオフィシャルサイトでも1月2日(水)に公開予定。YouTube公式チャンネルでは本日12月26日(水)より、両選手のインタビュー映像およびCMのメイキング映像が公開されている。




「第95回箱根駅伝用オリジナルCM」年始特別バージョン『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』

タイトル:
「第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ 大迫篇」/60秒
「第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ 設楽篇」/60秒

放送番組:
『第95回東京箱根間往復大学駅伝競走 往路・復路』
2019年1月2日(水)日本テレビ系列7:00~14:05(予定)
2019年1月3日(木)日本テレビ系列7:00~14:18(予定)
※その他関連番組内でも放映予定

※サッポロビールのオフィシャルサイトでも公開(2019年1月2日(水)7:00公開予定)
http://www.sapporobeer.jp/hakone/index.html

この記事をツイート

この記事の関連情報