【インタビュー】Stefa、鹿児島から全国へ「5人が1つになったときに生まれるもの」

twitterツイート

鹿児島県大隅半島在住のStefaが12月26日、デジタルシングル「愛してる…君を」をリリースした。2017年12月にミニアルバム『LOVE』でCDデビューを果たした彼らは、地元・鹿児島のダンススクールで結成されたボーカル&ダンスグループだ。当初はリーダーのTOMOYA、TAKATO、YU-GAのパフォーマー3人で活動をスタート。そこへプロデューサーに声をかけられたボーカルのEISUが加わり、デビュー前に4人体制へ。さらに2018年になってボーカルのSEANが加入。現在の2ボーカル+3パフォーマーのスタイルとなって、新たなスタートを切った。

◆Stefa 画像

EANはオーストラリアと日本のハーフ、EISUは元介護士という経歴の持ち主、最年少にしてメンバー全員がそのダンステクニックを認めるYU-GAはまだ中学3年生だ。自然溢れる大隅半島で伸び伸びと育った5人のルーツとキャラクターに迫りつつ、ツインボーカルとなって初のシングルであり、初のアップテンポのラブソング「愛してる…君を」について語ってもらった。

   ◆   ◆   ◆

■いつかファンの方々を笑顔にできる
■パフォーマーになりたいなって

──まず最初に、Stefaのみなさんのルーツを教えてください。どんなキッカケで音楽やダンスに目覚めたんでしょうか?

TAKATO:僕はもともとは野球が好きで9年間ガッツリやっていたんです。野球をやめたあとはやることがなかったんですけど、姉がPCでダンス動画を見ていたのがキッカケで“楽しそうだな。やってみたいな”って。ダンスをやっている友達もいたので、レッスンを受けるようになってオーディションを受けたら合格しちゃったっていう。

▲TAKATO

──野球に熱中するまではダンスに興味は?

TAKATO:全然なかった(笑)。

TOMOYA:姉ちゃんもダンスしてたの?

TAKATO:してないよ(笑)。日本舞踊は習ってたけど。

──野球で鍛えた身体能力をダンスで活かせますもんね。

TAKATO:はい。習うようになってからGENERATIONS from EXILE TRIBEのライブを見たりするようになって“いつか僕もステージで踊って、ファンの人たちを笑顔にできるパフォーマーになりたいな”と思うようになったんです。

──みなさんから見たTAKATOさんはどんな人?

TAKATO:良いこと言って(笑)。

TOMOYA:野球少年だから体育会系。パフォーマーの中でもいちばんアクティヴで動きが大きい。性格もアバウトというか。

──おおらかということですか?

4人:いや。

TAKATO:なんで否定するの?(笑)。

SEAN:初めて会ったときから親しみやすかったですね。自分もけっこうフレンドリーなんですけど、TAKATOくんは気さくで話しやすかった。

TAKATO:良いこと言う(笑)。

SEAN:話していても安心感がありますね。

▲EISU

──では、ボーカルのEISUさんのルーツは?

EISU:僕もスポーツばっかりやっていて、小中学校のときはサッカーとフットサルのチームに入っていて高校ではバトミントン部に所属していました。歌は友達とカラオケに行ったときに歌うぐらいで。

──学生時代は歌うなんて想像もしていなかった?

EISU:歌は好きだったんですけど、高校を卒業して介護士になったんですよ。キッカケは施設とかで、おじいちゃん、おばあちゃんに向けて歌ったことなんです。美空ひばりさんの曲とか歌ってたから「今の音楽はテンポが早いな」って(笑)。僕がふだんカラオケで練習してる曲もメンバーは知らないと思います。渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」(1978年)とか小坂明子さんの「あなた」(1973年)、欧陽菲菲さんの「ラヴ・イズ・オーヴァー」(1979年)とか。

SEAN:絶対、20歳じゃないです(笑)。

──昭和の大ヒット曲ですね。

EISU:ええ。そういう曲を歌ううちにだんだん、もっと多くの人に聴いてほしいという欲が出てきたんです。で、鹿児島の天文館という繁華街でキーボードの友達と2人で路上で歌うようになって、だんだん立ち止まってくれる人が増えていったからライブハウスに出演して自分の力だけで30〜40人ぐらい集められるようになったときに声をかけられたんです。

TOMOYA:EISUはちょっとTAKATOくんに似ているんだけど、物事を一歩ひいて客観的に見てますね。

SEAN:ふざけるときもあるけど、落ち着いていて演歌が好きだったり、ギャップがあるのが魅力ですね。

EISU:自分で言うのもあれですけど変わり者なので。

SEAN:笑いのツボも違うんですよ。みんなが真顔なときにひとりで笑っていたりとか。

TAKATO:逆にみんなが笑ってるのにひとりウケてなかったり。

──笑いのツボも昭和世代と合うんじゃないんですか?

TOMOYA:たぶん僕らといるのが楽しくないんでしょう(笑)。

SEAN:もう絆にヒビが入ってます(笑)。

YU-GA:でも歌うとガラッと表情が変わります。

TAKATO:そう。負けず嫌いですね。

インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報